良い接客のお店はおしぼりの出し方でわかる!

こんにちは、菊田です(^^)
本日は【おしぼりの出し方】
についてお話させていただきます。

 

アナタは今、『なぁ~んだ、おしぼりかよ』
って思われましたか?
$ゼロから飲食店を始め、集客に困らずに売上を上げた理由
そう思われた方は是非知っておいてください。

 

僕は昔これを知らないせいで、
『アナタは接客の知らん子やね~』
と、太いお客さん※を逃した失敗があります(^^ゞ
(※太客=よくご利用してくれるお客様)

 

 

礼儀に厳しい代紋背負った方々に
コテンパンに怒られた事があります(^^ゞ
まさにマンガですよ(キャ~!!!!)

 

 

その時は僕も
『何やねん!こっちも一生懸命やってんねん!』
って思っちゃいました(ーー;)

 

 

でもその時は僕の【無知の知】が掛けていたからだと思います。
今から伝えるおしぼりの出し方その時知っていれば
そんな事はなかった訳ですからいい勉強でしたね☆

 

 

なので、
簡単なので知らない方知っておいてないと思います!
その礼儀を知ってる方に見られたら…

 

『アナタよく知ってるね☆』
ってアナタへ信頼度スーパーマンばりにアップですよ(^-^)
簡単な事ですのでパパッといきますね((((((沙*・ω・)
まず!!!!下の画像のおしぼり
$ゼロから飲食店を始め、集客に困らずに売上を上げた理由
このタイプのおしぼりはお客様に出す最は…

 

■一つ目…
このタイプは半分折くらいで広げて渡すのがいいです!
ですが!!!それだけじゃダメです!
それは…
折ってたたんでる方をお客様に向けて出すことです!!

 

たたんでる側を出すことで
『ゆっくりしていってくださいね』って意味になるようです。

 

逆に、開き側をお客様に向けると
『早く帰ってください』って意味になります。
ですので、知ってる人には失礼になりますからきをつけましょう(^-^)

 

 

■では二つ目…

 

こういうおしぼりはラップにはいったままの場合があります!
それに自分の片手が空いてない場合は
片手の出し方があります。

 

そう!片手には片手の出し方が…
それはラップ部分を破って出す!

 

こんな感じ…
$飲食店をゼロから始め集客に困らずに売上を上げた理由
ラップを外してる場合は、
こん感じで人差し指と親指で挟んで落としていきます(^-^)
$飲食店をゼロから始め集客に困らずに売上を上げた理由
最後まで読んでいただいてありがとうございました(^^)
なるほどって思ったら

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。