『美容室でカチンとくることランキング』信頼関係の構築方法

Sponsored Link


この数日間、海、川、プール共に泳ぎ過ぎて

麦チョコになった菊田です。

 

 

正露丸一歩手前です(笑)

 

 

顔が黒すぎて見せれたものじゃないので

僕のイナバウワーをご覧下さい。

 

 

(見たないわwww)

イナバウワー

という事は置いときまして。。。

 

 

そろそろ髪の毛もキシキシになってきたので

美容室に行こうと考えております。

 

 

 

そこで今回は、

『美容室でカチンとくることランキング』

を発表したいと思います(^^)

 

 

これは2014年6月27日~2014年6月30日の間に

500名(男性:250名 女性:250名)をにアンケートを取った結果です。

 

 

もしあなたが美容師の方ならヒヤヒヤ物かもしれませんね?

 

 

では行きます!!

 

 

 

ダダン!!!!

 

 

1位:タメ口で会話される

2位:ブラシが痛いしドライヤーが熱い

3位:できないことをできると言って全然違う感じにされる

4位:失敗に対し「すぐに伸びますから」と開き直られる

5位:シャンプーのあと、タオルで頭を包まれたまま長い時間放置される

 

 

1位はタメ口での会話でした(^^)

 

美容師さんにどこか慣れ慣れしいな…と感じた事があるのでは?

それは美容師さんに限らずショップ店員さんや飲食店のスタッフにも

タメ口で話されるとビックリしますよね?

 

 

何度か指名して仲良くなってからのタメ口は良いかもしれませんが、

いきなりのタメ口はお客様を不快にさせることが多いようです。

 

2位はブラシが痛いしドライヤーが熱い(´ε`;)

 

これはカチンとくるどころか、すぐにでもやめてもらいたいですよね。

お金を払って髪のプロフェッショナルである美容師さんにお願いしているだけに、

ブラシが痛い、ドライヤーが熱いとなると次回は別のサロンに行きたくなってしまいます。

 

3位はできないことをできると言って全然違う感じにされる

 

自分のイメージと全く違う感じに仕上がったときのショックは大きいですよね。

なりたいイメージを伝えるのはなかなか難しいもの。

理想に近い写真を見せて、できるだけ具体的に細かく伝える必要がありそうですね。

 

 

 

トップ3はこんな感じですね(^^)

 

 

 

結論言ってしまえば、ビジネスにおいて信頼関係を作る

コミュニケーションの欠落から生まれる問題って事です。

 

 

いきなりのタメ口というのは相手に対して

『敬意』が足りない事を意味します。

 

 

どんな場でも最初の入りで

相手のイメージというものは決まってしまいます。

 

 

そこでブラシの仕方が痛いとかも、

しっかりと会話が出来るなら調整が出来るってものです。

 

 

そこで出来ない事を出来るというのはいいんですが、

そこから結果が伴わない時でも改善していけるように

お客様自身も美容師自身もコミュニケーションを取れば

後には素晴らしい結果が生まれます。

 

 

イナバウワーをするふざけた野郎は叱ってやりましょう!

 

(お前やwww)

 

 

ぜひ美容室だけでなく、

あなたが自分の仕事やビジネスで問題が出る場合は

そういった信頼関係の構築方法を見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

維新起業家-菊田

〇公式メルマガ

メルマガバナー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。