消費税10%がいい事なのか?

どうも菊田です。

この前、読者さんとラインの無料相談の合間に
消費税について世間話をしていました。

「なんで政治の話?」って思うかもしれませんが(^^;)
こんな質問がありました。

Q:菊田さんは消費税があがる事に対して
どう思われますか?

っという質問です。

これはあくまでも僕の考えですが、
消費税を上げても経済効果はほぼ無いです。

それは何故かというと、
政治的世論の話、国のお金の流れの話
そんな仕組みから話をしなければなりません。

■政治的世論の話

現在いる政治家の大半の支持ユーザーの大半は
50代から上の世代になります。

勿論全員とは言いませんが、
統計的に72%の方が選挙にも現在の政治にも
参加的に動いています。

それに比べそこから下の世代に関してんは
31%という低い水準です。

その中でも一番大きな傾向が
年金に関しての問題大きいかもしれません。

50代以上の方に関しては
年金の授与権利や高齢に関しての
医療保証の充実に政府は主を置いています。

それには自分達を議員として存続させてくれる
ユーザーだからです。

そこの信用をなくしてしまっては
自分たちの存続に関わってしまうからです。

だから消費税が5%から8%になってからも
共働きの世帯が増える中で養育市場の改善がされないままなんですよね。

正直、姪っ子が大好きな僕からしたら
こういう現状は好ましくありません。

ぶっちゃけた話、年金はもう保証できません!
ってきっぱり言ってそこからの財政努力を
国も国民も尽力すつ事に団結するべきだと思います。

そう、僕が塾の運営や法人に対してのコンサル業務なんかも
そんな役目をになっているわけです。

例えばの話ですが…

恐らくこの先、
対して仕事もしないで会社から給与をもらっていた方や
自身で稼ぐ術を持っていない方はどんどん生きていくのに
苦しい世の中になっていくでしょう。

これは先進国として当然の流れなのですが、
ここで説明すると長くなりすぎるので省略。

あとは、消費税が上がる事で
投資業の中でも銀行の運営が苦しくなるでしょう。

どういう事かと言うと…

これから商売や独立をする人、
大中小でも会社を運営している人、

その中で銀行との兼ね合いがとても
難しくなってきます。

税金で多額の流動金…『回るお金』
が減少する事で銀行がお金を貸せなくなる。

銀行がお金をかせないという事は
企業の運営資金の調達が難しくなる。

運営資金の調達が難しくなると
経営は難しくなる。

そこで働くサラリーマンなどの
労働収入者の給与は自然と低くなる。

割合的に9割を占めている
サラリーマン世帯はお金を極力使わなくなる。

むしろ使えなくなる。

自然と財政が破綻する。

そんな現状になるわけです。

そう考えると
『政治家何してんねん!!』
って思うかもしれませんが…

なら『最低限投票には参加しろ』
って言われます(^^;)

支持してくれる方へペイバックするのは
当たり前の事ですし、それが組織なら尚更です。

世の中というものは一般に考えられているよりも
もっとシビアに出来ています。

それを理解した上で、
自分たちはどう行動していくか?
どう変えて行くかを考えてみてはいかがでしょうか?

国や会社に自分の生活や人生に身委ねる、
イヤな言い方をすれば、
『他人任せの人生』僕はその中で生きる事に
極度の矛盾と不安を感じて自分で稼ぐ術やマインドを得ました。

あなたの今の現状はどうですか?

例えば休日を取りた時に好きなだけ取れますか?
必要な時に必要な分の資金を得られますか?
やりたい事をやれるだけやれる環境ですか?

もしそうでないのであれば、
今一度見直してみてはいがでしょうか?

菊田より

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。