上手くいく人成功者は最初から完璧を求めない-日本人は変に真面目過ぎ。

3歳と6歳の娘を殺害した母親のニュースを見て
僕は悲しくなりました。

その母親は育児に対する
極度のストレスから犯行へ至ったみたいです。
問い合わせや相談などでも多いのですが、
多くの方が最初から完璧を求めすぎている傾向にあります。

 

クオリティーを上げていくという姿勢は大事ですが、
日本人は変に真面目過ぎています。
完璧じゃないと、出来ないと、
「普通じゃない」という間違った洗脳。
そこでこんな動画を撮影してみました。

[youtube]http://youtu.be/lwQ_CUzHjvc[/youtube]

母親だって父親だって最初から
親だったわけでもないです。

成功者だって最初から
成功者だったわけでもないです。

僕なんか田舎育ちの成績最下位だった男です。

ですが今では2社の経営を行い、
多くの方へ価値を提供出来る人間になりました。
何でも一つ一つコツコツとクリアーしていく事が
一番の近道だと僕は思います。

 

 
僕からすれば最初から完璧にしようなんて
調子乗りすぎです(笑)
例えるならテニスを初めていきなり錦織圭さんのように
プレイが出来なければダメっという感覚に陥っています。
どう考えても始めたばかりの人が
最初から完璧にこなす事は不可能です。
上手くいく人や成功する人というのは
最初は出来なくて当たり前という考えを持ちます。

もしあなたが最初から完璧にする事に
プレッシャーやストレスを感じているのであれば
今回の動画が参考になれば幸いです。

菊田より

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。