Facebook利用者が減少傾向にある理由と見解!

どうも菊田です。

最近Facebook関連の面白い話題を発見しました。

『Facebookを使っているとテンションが下がる』
っと言う内容です!

Facebook減少

これはどういう事かと言いますと、
皆さんFacebookの投稿を見てみると

楽しかった思い出の共有やイベントの参加、
旬な情報のシェアなどの華やかな投稿が多いです!

SNSでの情報発信を主に行う方の多くは、
そう言ったキラキラの配信が主になります!

それはネガティブな内容を投稿した際には、
比較的にユーザーが減りやすい傾向があるのが原因かもしれませんね(^^)
悲観的な事より楽しい話題、
どこの誰か分からない悲しい話題より
楽しめるバラエティーを見る方がいいですよね?

 
ただ基本的に投稿を見る、
傍観側で見ているだけの方からすれば、
友人などのリア充ぶりに引け目や嫉妬心などがあるようです。

 

 
とはいえ、この傾向にある世代というのは
主に10代に多いようです。
友達との集まりに誘われなかったとかで
嫉妬心や引け目を感じる頃って10代くらいまでですしね(^^)

 

 
これは僕の見解ではありますが、
精神的にも大人で個人の成長に意識が高い方、
特に日本のFacebook利用者は今後
大人が比較的に多くなるかもしれませんね。

 

とは言え今度はどういったユーザーがメインになってくるかは

蓋をあけてみないと分からないですが、ユーザー情報が細かく、

繋がる事に信頼度が高いSNSとして現在はとても良質なソーシャルネットワークサービスという事は間違いないと思います。

 

菊田

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。