【管理職はクビにするか、独立させる】

spa31

この前塾生と仕事がてらプチ旅行してた菊田です!

その道中で会社が倒産する一番の理由について
話をしていた時の内容を簡単にシェアしていきます。
結論から言ってしまうと管理職が溢れてしまう為です。

 

 
これって僕も何十人か従業員を現場で扱っていた際も
痛い経験をした事があるのですが、
生産性のある営業や販売、製造を行うスタッフ、
それを円滑に回す為に管理職が存在します。

 

 
しかし、勤務歴が長いほど当たり前ですが、
扱う顧客や後輩が増えて行きます。
そんな中、
社長としては役職をつけてあげたくなるのは
経営者をしている方なら理解して頂けれるとも思います。

 

 
しかし、
安易に役職ばかりをつけて管理職を増やす行為をすると
生産性の無い組織に変わっていってしまいます。

 
僕が様々な失敗の中で上手くいく方法は、
クビ(辞めさせる)か、独立させる事です。

 
僕の場合はグループ化して
社長を作るという手段を取っています。
そうなると個々の責任義務が発生して
自己責任能力がつき円滑に組織が回ります!

 
5年前に独立して先輩の社長に、
アドバイスされた事の重要さが
その組織化した27歳の頃に解りました。

 
今はグループの相談役をしながら
自分でもまた小規模の事業を切り盛りしてますが、
失敗もかなりしてきたけどやっぱりベストですね(^^)

その後それに関連して
消費税増税の話になったのですが…
それはまた後ほど(^^)/
菊田でした。

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。