恐怖で支配は出来ても向上はしない!褒める制度を加えるべき理由|菊田さんの 創意工夫 LIFE

はい!今回の菊田さんの創意工夫LIFEは、、
この前友人のイヨケンさんのビジネスプロジェクト、
【IKP90】アイケィピーナインティーンを紹介した日。

イヨケンさんからおススメの
スイミングスポットがあると聞きとある喫茶店へ。

まずは腹ごしらえという事で
ランチを食べていた際の一コマで、、

これからいくおススメスポットと、
警察の取締り方についての話が
とても面白い内容になっています。

それがコチラです!(^^)/

[youtube width=”470″ height=”280″]https://youtu.be/l2vQbFow-k8[/youtube]

ご覧頂けてたでしょうか?

■恐怖で支配は出来ても向上はしない

警察だけじゃくて他の教育でも同じだけどさ、
親の威厳とか顔が怖いとか罰金が怖いだとかさ、
何か疲れちゃうよね?(^^)

疲れるってさ、体が疲れるとかじゃなくて
心が疲れちゃうんだよ。

心が疲れちゃうとさ、人はその疲れちゃう人や
物事から逃げようとするんだよ。

わかるかな?

逃げる事がカッコ悪いじゃなくて、
それは自己防衛の本能なんだよね。

ただね。

そこで人を褒める言葉や行動を取ってごらん?
むしろその人のいい事へフォーカスしてごらん?

すげぇ素敵な事が自然とおこるから(^^)

もちろん厳しさってのは大事だよ。
それはなくちゃ面白くなくなるからね。

例えば試合とかゲームの対戦でもイイよ。

相手が弱すぎたり、
戦う気がない人とやり合っても
厳しさや緊張感がないと張り合いがないんだよ。

だから厳しさとか罰則はあってもイイよ。

だけど今回の話はね、
そこに褒めたり喜んであげたりの要素がいるって事。

僕ら商売人は常に人に喜んでもらう為に動くんだよ?

それがサービスや商品、それを利用したり
買ってもらったり長く愛用してもらったりと
する為に常に考えてるんだよ。

だから悪い人を捕まえるのが警察じゃなくて
自治の統治管理をするのが警察の本質だからね。

これわかりますか?

人事教育を主体に公的に指導する役割なわけです。
つまりちょっとした先生や上司なわけ(^^)

だから褒める事にも制度をつけて
他の警察官へポイントをつける事をすればいいよね?
って話をしたわけです。

まぁ僕の話を聞きたいと思う人は、
成功者の素質があるし、いい人が自然と集まるから
こう言った事は自然と出来ると思います(^^)

ただ稀に衝動的になっちゃう時だってあるよね?

そんな時に菊田さんがこんな話してたな。って
思ってくれればいいとこの話をしました。

次回は川にダイブした動画をご覧いただきます!

菊田でした(^^)/

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。