お金の知識|あぶく銭の使い方~減る人と増える人

菊田です。
突然ですがあなたはギャンブルが好きですか?

僕はパチンコは暇なので好きじゃないですが、
麻雀はとても奥が深いので好きです!

友人とでも家族とでも楽しんだります(^^)

そう言ったギャンブルなどで買ったお金を
あぶく銭といいます・

それは宝くじなんかでも同じですね。

ギャンブルが好きな人でも、
お金などの資産が減る人と増える人がいます。

その大きな要因はあぶく銭の使い方で決まります。
今回その違いについて話をします!

32d7de0e

 

■減る人と増える人の違い

まずはいくらギャンブルで勝っても
いつの間にやら貧乏になる人がいますよね?

これはお金の本質を理解せずに蓄えようとする人です。

あぶく銭というのは、
自分がもつ対価を代償に得たお金ではなく、
時運から回された試しのお金です。

時運とはその時その時に使い手を試す際に
回ってくる運の事です。

なのでこの使い方を間違えると破産をしたり
人からの信用を失ったりと貧乏になっていきます。

例えば野菜があった時に、
それを調理して一つの料理に変えたり、
お世話になっている方へ振舞うといいのです。

そうではなく、どこかに蓄え続ければ
自然と野菜は腐っていきます。

お金とはそういう道具なのですが、
多くの方はお金の認識が汚いので、
腐らせる人が多いです。

特にあぶく銭は鮮度が無いのですぐに腐ります。

銀行の預金などもありますが、
あれはお金の流れを止める行為です。
あれも使い方が悪いので減っていきます。

預金をするのは、そこから定期預金や保険、
投資信託などの資産運用に
使いやすくする為に預金という行為があるんです。

では逆に増える人というのは、
どんな行動をするのか言うと…

今言った減る人の逆の行動をします!

僕なんかで言えば、麻雀で勝った際は
一緒に卓を囲んだメンバーにご飯をおごったりします。

そうする事でまたメンバーは一緒に
僕との麻雀を楽しむのに集まってくれます。

友人のパチンコに付き合いでいった際も、
5万程買った時に隣で打ってた友人達に

「菊田さん勝ったからこれで遊べばいいよ」
と勝った分を与えてあげました。

するとそのパチンコの付き合いの友人達は、
僕のお店などに年間で最低でも200万以上は
売上に貢献してくれました。

僕はよく知識投資が出来ない人、
リスクを取れない人は上手くいかないと言います!

僕は常にビジネスにおいて投資を惜しみません、
年間で何百万とリスクを負ってもそれによって
年間で収入が何千万や何億に変わります。

今回のこの記事だって
お金の本質と使い方の知識なんです。

これは僕がこれまでに時間とお金と労力を使って
得てきた事を解りやすく解説してるだけですが、
これに身につける意識するだけでも自然とあなたは
お金が集まるようになっていきます。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか?(^^)/

菊田さんの一言
「お金に執着すると本質を見ないから集まらない」

もしあなたがこれから

知識ゼロ、人脈ゼロ、お金ゼロからでも
インターネットを活用して毎月5万から10万の副業、
または月に100万から1000万を稼いで起業したい!

そして経済的豊かさと時間の自由を手に入れれる
ライフワークバランスを手に入れたいのでしたら、
ぜひ菊田の無料の公式メルマガから
期間限定プレゼントなど受け取ってみてください。

無料【公式】メルマガでプレゼント受け取る!

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。