スモールとビックビジネスどっちがいい?

最近大量データを処理していて
PCがのろのろの菊田です(^^)

菊田慎也|ありえへん会議
経営者をしていると経営者仲間が出来る、
というよりも自然と集まります。

 
もちろんこれから目指す方も同様です!
人によっては最初は資金がないので、
スモールビジネスやネットビジネスを利用して
数百万や数千万円の初期費用が掛からない商売を始めます!

 
最初から資金がある方は大きめなビジネスを
最初から始めたりします。

 
ただどの始め方が良くて、
スモールとビックビジネスはどっちがいいか?

 
なんて質問を受けたりもします。

 
僕本人は大きい事も小さい事も関係なく、
やりたい事をしているので「好きな方で」と
話をしていますが、それだと不安が多いですよね?

 
なので少しその事について話をしていきます!
商売を始める際は大事になってくるのが、
その市場規模のリサーチです。

 
例えば、
年間200億円の市場に10000人が参入すれば、
一人年間平均200万ですよね?

 
年間72億円の市場に5人が参入すれば、
一人年間平均1億四千万円です。

 
あくまでも単純計算ですが、
単にビジネスで儲けを出すを考えれば
どっちがいいのか一目瞭然ですよね?(^^)

 
市場やジャンルにもよりますが、
20年程前であれば手が出しにくかった業種も
インターネットの発達により個人や
小規模の会社でも行える時代になりました。

 
まだまだ成長期なIT市場なので、
仕様や進歩のスピードが著しく早いです!

 
なので経営者というビジネスマンだけでなく、
サラリーマンである方もこの先100年は、
最低でもお金の知識が必要になってきます。

 
今までの大規模な産業革命で日本は、
労働者を多く作る事が必要でした。
現在の発展途上国がイイ例ですね(^^)

 
しかし、
先進国になり国有資源を所持していない日本は
これからは技術思考へのシフトが必要です。

 
もちろん全員がなる必要はありませんが、
現在1000人中1人の割合を
1000人中100人程じゃないですしょうか?

 
これはあくまでざっくりした数字です。
これは今回のスモールとビックビジネスの
話へ繋がる要素の一つの話になります。

 
個人、中小企業などの小規模組織でも、
ビックビジネスを起こす事が可能だという事です。

 

 
僕の会社なども小規模どころか、
オフィスなんか家の部屋でもいいくらいのものですが、
行っている事業は個人から企業、
公共事業に至って幅広く行えています。

 

 
オフィスにスタッフを出勤させる事もなく、
部署部署は在宅でも可能ですし、
会社同士の提携も場所や立地を問いません。

 
僕が最初のビジネスは店舗型のビジネスでしたので
規模も制限されるし動きがなければ赤字になるモデル。

 
それでも規模に応じて最低店舗数まで
2年間で必死に作ってきました。

 
しかしネットビジネスとの出会いで、
それまで出来なかった規模の大きいジャンルの市場へ
参入が可能になりスピードも満足度も上がりました。

 
昔に40人以上のスタッフとオフィス、
11店舗を運営する会社で行っていた事が、
ほぼ一人で出来てしまうんです。

 
これってすごくないですか?

 
よく考えて下さい、毎月40名上の固定給や
店舗やオフィスの維持費用を考えるだけでも
毎月1200万以上は固定費用がいる訳です。

 
それが固定費用がほぼほぼ無しの
赤字がないビジネスで市場ジャンルの枠が広い!
こんな素晴らしい事はないですよね?

 
よくネットビジネス系といわれると、
固執したモデルしか浮かばない方が多いですが、
基礎を学ぶためにはそれは重要です。

 
しかしそこからの手法や特に、
手法や思考基準を上げて創意工夫の
世界枠を広げてあげないといけません。

 
さっき僕がお話した市場の話ですが、
いっぱいいっぱいになってしまうんですよね(^^)

 
なのでスモールかビックを考えるよりも先に
「好きな事」で小規模でも大きく広げれるかを
創意工夫する事が大事だよ。

 
っという話でした(^^)/
これが何かの気づきになれれば幸せです!

 
菊田より

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。