ビジネスジャンルへ偏見は危険信号!?パソコン一台で稼ぐのは不思議じゃない!?

どうも菊田です。
よくよくネットビジネスなどは、
モデル的には歴史が浅いため偏見を持たれがちです。

 

そして、それをやっている人の中にも
偏見を持っている人がいます。

 

例えばリアルとネットとかって
区別しちゃっている事なんかがそうですね。

 

これって物を運ぶ際に、
船で運ぶか飛行機で運ぶかの違いくらいで
『運ぶ』という目的は同じなんです。

 

ネットビジネスというのは胡散臭いって
今だに思っている人がまだ存在しています。

 

ただ『ビジネス』という目的は同じですよね?

 

そこにインターネットを取り入れるか、
それを取り入れないかの違いだけです。

ここからこうなる

今まで情報メディアや店舗などの窓口を、
メールやチャット、HPやソーシャルメディアを
更に使って行こうという事だけなんです。

 

20世紀までは、人は備え付け電話や郵便などを
多くの方が利用していたのでそれを使いました。

だから年末になると『年賀状』が流行ったわけです。

 

昔は年賀状も500枚や1000枚とか書いてましたが、
今インターネットが発達してメールやLINEなど、
手元で情報メディアを使えるデバイス(道具)があります。

shouken-gyoukai-002

なので需要がそちらへ時代が移ったって事なんです。

 

僕の父親は良く週末に週刊誌などをよく買うのですが、
その時にスマートフォンを進めて
少し使い方を教えてあげると大喜びしていました。

 

今まで毎週雑誌を何冊も持ち歩いていたのに
スマホの端末から読みたいものがアプリを使って
常に最新の記事が用意されているからです。

 

よくパソコン一台で何千万や億を
ネットビジネスで稼ぐとかいいますが、
ビジネスしてるんですから稼げるに決まっているんです。

 

よくネットビジネスが胡散臭いだとか、
リアルとネット、ビジネスジャンルに
何かしらの偏見を持っている人がいますが、

 

よく見ればメールやサイトやカーナビ、
さてはアプリや動画や検索エンジンなどなど

 

ネットビジネス関連ばかり利用しまくってます(笑)

 

それを単純にお客としてだけ使っているか、
ビジネス(商売)に取り入れているかの違いです。

 

ジャンルなどでも偏見がある方なんかも、
それだけでラーニングコストが数倍違ってきます。

 

従来の広告やブランディングなどを行えば、
月に数百万から数千万のところを、
ネットのマーケティングを代行してもらえれば、
月に数十万から数百万で抑えられたりします。

 

学んで自分で実践するなら数万から数十万ほどで
やる気さえあれば誰でも出来るようになります。

 

この偏見というのは厄介なもので、
ただそれを持っているだけで危険です。

 

それはどんな物事にも言える事なのですが、
人への偏見の場合なら勝手なイメージで対応したり、
酷い人はストーカーになったりもします。

 

簡単に言えば勝手な妄想ですね(^^)

 

この勝手な妄想という『偏見』とは、
無知な状態からおこる現象です。

usagiahiru

僕が6年前に店舗経営を始めた頃などは、
この偏見を持っていてかなり痛い思いをした事があります。

 

なので僕は自分の中で『偏見』を感じた時は、
しっかりプロの方へ素直に学びを得る事にしています。

 

あなたは何か偏見を持っている事がありますか?

 

もしあるのならそれはあなたがその事に関して
よく知らないというサインかもしれません(^^)

 

菊田でした。

P.S.
只今ヤバい放送プレゼント中!!
https://hope-ex.jp/fx3249/llll

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。