後悔を無くす方法!|一生懸命に頑張る事はすべて正解とは言わない。|

「後悔した事はありますか?」と人へ聞くと、
多くの人が、「ありますね~。」と言う。

 
僕も昔は「ありますね。」という人でした。

 
やっとけばよかったなんて思う事や、
やらなければよかったなんて事を
ただ頭の中でグルグルかき回してました。

 
ただね、この後悔って思っている事って
それだけ得たモノが大きいって事なんですよね。

 
今回は後悔した事はそもそも
後悔じゃないって事の話です。

菊田慎也
僕は見ての通り見た目がチャライので、
もちろん女遊びもしてきましたし、
女性関係でも沢山の経験があります。

 
ただし、付き合ってきた人へ
付き合わなかったらよかったなんて
今は思う事はありません。

 
その時に自分に足りないものに
気づかせてくれたんですから(^^)

 
6年前に自分で経営を始めた頃も、
最初はスタッフの教育や上手くいかず、
悪戦苦闘をしていました。

 
中には売上金を盗んで飛ぶ人や。
他の会社やに密かに移動する人。
ただいるだけで意欲を失っている人。

 
最初の頃は「なんでアイツやらないんだ!」
とか他人よがりな考えで物事をとらえてました。

 
【他人よがり】【無責任】
そんな何でも他人や他の物事のせいにしてしまう
腐ったマインドでしかいませんでした。

 
そんな時って何をやっても上手くいかないですよね。

 
ただ人より環境的によかったのが、
もうすでに社会的に独立した立場だった事です。

 
経営者である以上は自己責任なので
人のせいにしている暇なんてないんですよね。

 
その頃から徐々に他への視線ではなく、
自分自身への視線へフォーカスしていきました。

 
「僕には何が足りないのだろう…」
「僕が頑張っている事のどこに間違いが…」
徹底的に自分の探しをしている時期になりました。

 
その時に先輩方やスゴイ人達に、
「もっと菊ちゃんのまわりの人を信用してあげな」
っと言われました。

 
その時僕はハッ!として自分の頼りなさに
涙が溢れてしまった事を今も覚えています。

 
育てる目的なのに自分ですべてしてしまう。
面倒見が良すぎる事で自由を無くさせてしまう。
自分のものさしで判断しすぎてすぐに怒ってしまう。

 
これって自分以外を信頼していないって事に
気づかされた瞬間でした。

 
そこからとことん信頼する事に決めて、
少しずつでも意識を変えていきました。

 
手始めとしてスタッフ達に、
「俺どうしたらいいかわからないから教えて!」
っと素直にスタッフ達に教えてもらう事にしました。

 
そしたら自分に何が足りなかったのかが、
バンバン明確になっていくわけです。

 
そこからそれに踏まえて行動だけです!

 
いつの間にやら人は育っていき
僕がいなくてもグループは育っていきました。

 
もはや創業者である自分が一番なにを
今しているのか把握していないくらいに(笑)

 
何が言いたいかと言うと、
後悔したと思っている事というのは、
そこで大きな気づきと経験が出来た時なんです。

 
そこで経験した事で気づけている人なのか、
未だに気づけていない人なのかが重要って事です。

 
大きな失敗をしていない人は、
大きな成功をする事は出来ないって事です。

 
例えば会社員の人が
いつまでも会社が存続しているとか、
年金がいつまでもあるとか、
給与が変わらずにもらえるとか、

 
そんなありもしない安定を勘違いしている人と、
倒産したり、年金が制度が崩壊したり、
給与が変動したりなどの経験がある人とでは、
見えている視野が違うって事です。

 
その視野が広がる気づきを得られる経験を
後悔と思っていてはダメなんです!

 
それを気づけた事にどう生かして
自分の人生をよい方向へ創意工夫していくかなんです。

 
今回の記事であなたが後悔と
ひとくくりにしているだけなら、
それを辞めてそこから広がった視野で
どう生き方を変えて行くかを考える事です。

 
一生懸命がんばっているのに
後悔する事や失敗があるのは、

 
やっている事にどこか間違いがるからです。

 
それに気づかせてくれるように
あなたには問題と壁が出来るように
世の中は構成されているんです。

 
逆に言えば、問題や壁が現れない人には
それを解決するだけの能力や人脈、環境が
まだそろってない人なだけです。

 
ピンチはチャンス!
問題や壁、大きな失敗がある人は、
大きな成功と成果を出せる切符を得たという事!

 
なのでマインドを一つ!
上手くいったら他人のおかげ、
上手くいかなったら自分のせい!

 
菊田より

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。