放置と放棄 放って棄てると放って据え置くとで全く未来が変わる。

どうも菊田です。
よくサラリーマンやOLをやられている方で
意識の高い方はよくこんな話をしてきます。

「〇〇の部署業務に文句をつけらて困っている。」

簡単に言えば、
忙しいとか時間が無いとかの理由で
その方がやるべき業務放棄をしているのに
他やあなたへ文句を言って因縁をつけられる現状です。

あなたの周りでもそんな内容はないですか?

意識を高い方と言うのは、
こういう現場では不愉快な言動をされて
居心地が悪いようにされられがちです。

物事への意識が高い方は仕事で
10の指示に対して12で答えようとします。

例えばその日に行った業務内容のチェックを
言われるまでもなく復習などを行います。

もちろん弱音を吐く事だってありますが、
からなず次に活かす努力を惜しまず行います。

もう一度言います。

弱音は言ったりしますが、
他へ文句や因縁をつけたりはしません。

ただしそんな意識の高い人というのは、
比較的に少ないのが世の中というものです。

ここ数年でも700人以上を教育してきましたが、
僕のデータからもそんな割合です。

放置と放棄
さぁここで本題です!

そんな意識の高い方は人へ文句や因縁をつかない分、
その因縁や文句を「放棄」してしまう傾向があります。

それが立場であったり年齢であったり、
勤務歴であったりするものに対して「我慢」を選びます。

ただそれでは問題は解決せずに
被害者が他へいくか、大きな問題が起こるまでの
受け身なままになってしまいます。

ここで大事なのは「放棄」ではなく「放置」です。

読んで字のごとく放って棄てるのではなく。

放って据え置くという事です。

サラリーマンやOLさんなどは、
それぞれの立ち位置や役割が存在します。

何か因縁や文句を言われる場合は、
その相手ではなく、それを統括する部署や役職の方へ
しっかりを問題や矛盾を持っていくようにしましょう!

その場で対峙してはいけません。
今回の話題のケースであれば経営者側や
人事、マネジメントを行う方へ放って据え置く事です。

作業員なら作業員としてプロ意識、
マネジャーなどはマネジメントに対してプロ意識、
経営者なら経営者としてプロ意識。

僕も6年前に経営者になって作業面で
雇っていたスタッフにあれこれ言いすぎてたら
スタッフがプロ意識が芽生えず育たなかった経験があります。

何事にもプロ意識を持って
自分の役割以外は「放棄」せず「放置」を
心がけてみてはいかがでしょうか?

菊田より

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。