問題事は問題じゃない!その後の解釈と選択が問題!?

この前は塾の生放送をしていた菊田です(^^)
塾生さんの意識や行動力が高くありがたい事に
参加頻度がよくかなり盛り上がっていました!

 

今回は…その時々におこる問題事に意味がある。
という話をしていこうと思います。

菊田慎也|生放送|問題がおこる意味

あなたが生きている中でおきる問題がありますよね?

急に何かが欲しいと思うのに金銭的、
もしくは時間的な余裕がなく手に入れづらい時。

人間関係で言えば
今まで付き合った事のない人との交流に悩まされる時。

思ってもいなかった災難や事故にあった時。

他にも様々な色々な問題事が出てきます。

ただここで落ち込んだり、残念がったり、
人間なので問題事が出来た時は悩みます。

それは感情というモノがあるので、
喜怒哀楽を出せるなら全然出すのはいいんです(^^)

ただここで上手くいかない人というのは、
その問題が起こった事に上手くいかないと考えます。

■問題が起こる事は問題ではなく、
問題おこった後の解釈が問題。

問題事と言うのは面白い事に
その人の技量やステータスにより変わります。

これはどういう事かと言うと…

問題事と言うのは、
その時に解決出来る問題しか出てこない。
という事です。

極端な話、ニートの人が倒産を経験出来ますか?
車を乗らない人が道路で自分の車で事故しますか?
恋人がいない人が恋人である相手の事に悩みますか?

問題事が起きるというのは、
それだけ貴方に解決出来るステータスが揃った時です。

会社運営を始めた頃は売り上げを上げる事に必死です。
いわばそれにかかわるすべてが問題事です。

運営に関して人事育成に問題が多く見えてくる場合は、
教育やシステムなどが問題事になっていきます。

しかし!それはその時にあなたが解決出来る術を
【探せる】【見つけ出せる】【手に入れる】という
行動の選択が出来る時だからです。

掃除がしたいのに掃除機が壊れている問題なら、
新しい掃除機を【探す】事も【見つける】事も
【手に入れる】事も出来るから問題は起こるんです。

これが買い物もまだした事がない
幼い子ならどうでしょう?

初めての事だから緊張したり不安になったりします。

ただその時その時に問題事があるのは、
その問題事を解決するべきタイミングなんです!

成功する人、上手くいく人というのは、
その問題の解決の為の要素を先ほど話をした

【探す】【見つける】【手に入れる】
の3つの項目に敏感です。

あなたが今何かの問題事があるのであれば、
この3つの項目に敏感になる事です。

よくあるのが【探す】もクリアーし、
【見つける】事もクリアーしているのに
【手に入れる】かを迷う方が多いです。

よく悩むと迷うを間違えている人がいますが、
悩むとは解決策をまだ探している途中で、
選択肢が見つかっていない時の事です。

迷うのは選択肢があるのに行動せずに
決めかねて期を逃しているだけにすぎません。

だからこそ日頃から意識して
今後の選択に活かしてほしいと思います。

 

P.S.
インターネットビジネスで成功されている
菊田塾の塾生とでこんなものを創りました!

ボタン
菊田より

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。