ビジネスはどれが儲かる!? 市場の飽和と転換の話 

最近デザイン事務所をしている姉が、
出産準備のため高知に帰っているので
事務所でデザイン作業を盗み見してる菊田です。
デザイン事務所を運営する姉が出産準備の為 高知へ戻っています。
ビジネスをする事に関して『飽和』という言葉、
よくこの手法は飽和しませんか?とか、
その市場は飽和したりしたんですか?とか、
そんな質問を頂く事があります。
たしかに何かの市場に参入する時や、
ネットビジネスを始めようと思っている方、
手法を取り入れてみようとする際って
そんな不安がありますよね。
それを考えるのはあなたが賢い人だからです。
僕は最初商売を始めたのは飲食店からです。
始める時なんて市場の飽和なんて考えてませんでした。
それから3年間は現役で創った店舗をまわり、
その後、ネットビジネスに出会ってまた1からスタート。
最初の社会的自立から6年経って、
7年目に突入しています。
その中で昔使っていた手法や道具、
市場の変化などで落ち込んだ事も沢山あります。
よく皆さんがそれを『飽和』した。
というふうな言葉を使います。
飽和とは、最大限まで満たされた状態の事です。
市場が飽和したというのは、
その市場での満たされていないモノが、
存在しないという事です。
つまり人々から不安や欲求がなくなった時に
初めて『飽和』と呼べるんです。
しかし、お腹がすくとか、
健康じゃないとか、お金が足りないとか、
洋服が古くなったとか、家族が増えたとか、
生きている以上不安や欲求は消える事がありません。
つまり、
市場が飽和するという言葉は正しくありませんね。
正しくは、
市場の転換がおこるという事なんです。
市場の転換が起こるというは、
単純に使うモノが変わってくるだけです。
そもそも物事の本質や定義、
ビジネス関しても道理は変わりません。
ただ時代や環境によって使うモノが変わる。
分かりやすい時代の流れで言えば『言葉』
世界各国たくさんの言葉が存在します。
これが言葉のない時代から、
意思や情報のやり取りの為に『言葉』ができ、
言葉を多く広めようとする為に『文字』ができました。
さらに文字を多くの方へ広めようと手紙や本ができ、
言葉を直接届けようと電話やラジオが生まれました。
直接的な会った時のような臨場感を出して
さらに多くの情報を広めようとテレビができました。
手紙や本などにしていた文字はいつしか、
インターネットの誕生によってメールやチャット、
サイトなどになって行きました。
今なんか一個人がテレビ局を所有するように
動画配信なんかも自由に出来る時代です。
このように市場の転換が起こるんです。
なのであなたがビジネスを選ぶ際に、
飽和したらどうしよう?とか心配する事はないです。
先ほど話をしている
本質や定義をしっかりと把握するようにして、
市場は飽和ではなく転換するものだと理解するんです。
ビジネスでどんなものを使うにしても
根っ子にあるのは情報を上手く伝える事だけです。
それさえしっかりと理解していれば、
どう転換したとしても応用が効くようになります。
本質の理解とマーケティングが大事って事ですね(^^)
そんな時に知識が中途半端に独学で学んでる状態だと、
市場の飽和という間違った不安をもってしまいます。
もしあなたが、
これから何かビジネスに挑戦する際に
不安要素がある場合は、
イコール学ぶべき要素という答えなんですよ。
実際にその不安な事がある場合、
一枚の紙にその不安を書いて見てください。
すると客観的に見えるようになるので
正しい判断が出来るようになるのでお試しあれ。
菊田でした。

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。