成功は思想ではなく思考を学べ!!

どうも菊田です。

以前イチローさんがメジャー通算
3000本安打を達成しましたね(^-^)

 
さすがのイチローさんも、
『僕が僕以上にまわりに与える影響や
期待が大きい事に気付かされました。』

 

 

と述べてました。

 
そんなイチローさんですし、
ビジネスとは全く関係ないジャンルに思えますが、
ビジネスにおいても彼の思考に注目すべきだと僕は思います。

 

 

何かを達成するうえで、
マインドセットが大事な事を僕の
サイト型動画コンテンツでも教えています。

 
ただよく読者さんが口にするのが、
・私はマインド低い
・意識が低い

そんなことをよく聞きます。

 

 

はっきり言わせてもらえば、

マインドセットに対して、
私はマインド低いや意識が低いとうのは
存在しないんですよね。

 

 

マインドや意識が低いから出来ないじゃなくて
やっていないから感覚が分からないが正解です。

 
僕が教えているマインドセットとは、
その物事への捉え方や考え方に過ぎません。

 
これは知った時点、学んだ時点で
マインドセットは完了しています。

 
そこから大事になってくるのは、

それを実践しているか?

実践し続けているのか?

教えているのか?

 

 

これだけの事です。

 
本や話を聞いただけで出来るようになるなら
義務教育を受けた話を聞いただけで
天才ばかりの世の中になっています。

 

 

 

答えは至ってシンプルで、
学びたいと思って学ぶ場所へいき学ぶ。
そして実践すると絶対に最初から上手くいくわけない。

 

 
なぜなら学んだ事の1割から3割ほどしか
人は取り入れていないからです。

 

 

 

何度か実践していくうちに残りの
9割から7割に気づいていくんです。

 

 
その気づきや感度の良さは、
知識と経験を積んだ方にしか見えません。

 

 

 

この当たり前に行動する事で蓄積される
このステータス名を『リテラシー』と呼びます。

 

 

僕を例にとってみれば、
僕は人より多くの職種を経験しています。
営業、人事、事務、工場、販売員、運送、
飲食、サービススタッフ、各種管理職、社長、
オーナー、監視員、トレーナ-、清掃員、打込、
闇売(^_^;)。

 
ジャンルだけ並べても資格が必要な職種以外は
たいてい体験しています。

 
当時は『オレ、なんかフラフラしてる奴やな…』

 

っと自信を失いそうになって後悔仕掛けてましたが、

 

今となっては人が経験しきれない事までしてきたお陰で

 

経営者として起業家としてアイディアや商談の歳に

 

業種内でのしきたりみたいなのが理解してあげれます。

 

 

 

これはマインドや意識が高いとかじゃなくて、
単純に『やってみた。経験してみた』というところから
派生していったものです。

 

 

そして今回はあなたが自分を〇〇が低いとか
〇〇のせいにしてしまう思考をぶっ飛ばしてもらうと
3000本安打達成のイチローさんの言葉を20個お伝えします。

 

イチローメジャー3000本!成功は思想ではなく思考
1. 努力せずに何かできるようになる人のことを天才というのなら、
僕はそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを
天才というのなら、僕はそうだと思う
2. 特別なことをするためには、普段の自分でいられることが大事です
3. 4000の安打を打つには、8000回以上悔しい思いをしてきた

 
4. キライなことをやれと言われてやれる能力は、 後でかならず生きてきます

 

 

5. やってみて「ダメだ」と わかったことと
はじめから「ダメだ」と いわれたことは、ちがいます

 
6. 壁というのは、できる人にしかやってこない。
超えられる可能性がある人にしかやってこない。
だから、壁がある時はチャンスだと思っている

 
7. 今自分がやっていることが好きであるかどうか。
それさえあれば自分を磨こうとするし、
常に前に進もうとする自分がいるはず

 
8. 努力をすれば報われると本人が思っているとしたら残念。
第三者が見ていると
努力に見えるが本人にとってはまったくそうではない、
という状態になくてはならない

 
9. 結局はどれくらい野球が好きか。僕大好きだから。
そういうものに対して半端な気持ちで向かえない。
ありったけの自分で向かいたい

 
10. 準備というのは、
言い訳の材料となり得るものを排除していく。
そのために考え得るすべてのことをこなしていく

 
11. 僕は天才ではありません。 なぜかというと自分が、
どうしてヒットを打てるかを 説明できるからです

 
12. 自分を支えているのは良い結果ではない。
屈辱が自分を支えている

 
13. どんなに難しいプレーも、当然にやってのける。
これがプロであり、
僕はそれにともなう努力を人に見せるつもりはありません

 
14. 同じ練習をしていても、何を感じながらやっているかで、
ぜんぜん結果は違ってくるわけです

 
15. 夢がだんだん近づいてくると、 目標に変わってきます

 
16. 少しずつ前に進んでいるという感覚は
  人間としてすごく大事
  
  
17. しっかりと準備もしていないのに、目標を語る資格はない.

 

 

 

18. なりふり構わない自分でいたい。
ナイスガイなんかにはなりたくない

 
19. 他人の記録を塗り替えるのは7割、8割の力でも可能だが、
自分の記録を塗り替えるには10以上の力が必要だ

 
20. 小さいことを積み重ねることが、
とんでもないところに行くただ一つの道

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

僕もいつも共感しているのですが、
小さい事を積み重ねる事がとんでもないところなんて
本当に同感だと思っています。

 
一時的に爆発的に稼ぐなんてことは、
そもそも小さな積み重ねリテラシーがあればこそ、
だから塾生には情報起業系の塾なんかの邪道ではなく、
王道を教えていますし、僕もブレづに王道でいきます。

 
邪道のものに惑わされそうになるのは分かります。
外見や見栄えはいいですもんねw
しかし大事なのはイチローさん言葉から出る
思考の中にある『王道』の思考ですね。

 
これを読んでいるアナタはどちらがいいですか?

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。