動画撮影ロケで最適な天候は〇〇だった!?

どうも菊田です。

YouTubeで動画をアップロードして
マーケティングに活かす個人・企業は
今やいたるところで存在していますね。

 

 
今どきは撮影出来るデバイスも手軽で、
誰でもテレビ局のチャンネルを持てて
視聴者に対して大量の情報を気軽に提供出来ます。

 

 
街を歩けばカメラを回してる人を
沢山見かけますよね?しかし皆さんは
外出しての撮影『ロケ』の時、
ベストな天候をご存知でしょうか?

 

 

今回はそのロケの時の天候について話をします。

 

 

ロケの最適な天気

■動画撮影ロケの最適な天候とは?

 

 

多くの方はロケの際はガンガンに晴れた日では?
っという方が殆どですが、これは間違いです。

 

 
カンカン照りの天候で撮影された映像は、
あまりにも光量が強すぎて色彩バランスが崩れます。
もちろんそれに対応したカメラを用意すれば別です。

 

 
しかし誰しも対応出来るカメラを持っているはずもなく、
対応出来る機器でない限り荒くなります。

 

 
これが解説動画などのものでしたらいいのですが、
PVや被写体を鮮明に表現したい時はアウトですよね?

 

 
ではロケの際に最適な天候は何かと言うと、
答えは『曇り』です。

 

 
これは今にも雨が降りそうな『曇り』ではなく、
太陽に雲が掛かっているあたりが的確なところです。

 

 
陰りすぎたところで撮影してしまうと、
カメラが色を認知しにくく暗い感じになりますし、
カンカン照りだと逆に色彩を捉えにくくなります。

 

 
その間だとカメラほぼほぼの色彩を認識するので
色や線が鮮明になっていきます。

 

 
もちろん他にもテクニック的な事は
沢山あるにはありますが、天候への配慮をすれば
圧倒的に画の見え方が変わってきます。

 

 
今回の内容を動画撮影をする際に、
ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。