稼ぐ為の目標は〇〇に設定する人は成功する。

どうも菊田です。
誰しもビジネスをする際に目標決めをしますよね?

 
僕のメルマガでも目標や意思表明をするように
コメントや問い合わせフォームに記載という行動、
アウトプットをしてもらうようにしてます。

 
まずここで判別出来るのが、
ここでコメントや問い合わせから意思表明が
出来る人としない人で成功するしないが決まります。

 
しない人は98%の割合いで成功しない。
する人は60%の割合で成功します。

 
では60%の成功確率になった人が、
確率をあげるのはどこになるのか?

 

成功確率を高めていく法則

 

成功確率を限りなく100%に近づけるには、
まず小さなアウトプットをしていく事が第一条件。

 
つまり『具体的に外に出すアクション』を
増やしていく事で確率がどんどん上がって行きます。

 

そしてビジネスにおいては、
具体性を出すためには絶対に数字を使います。

 
お金を稼ぐというならば、売上げ目標ですね(^^)

 
その際に表明してもらう目標で多いのが、
月30万円をまず稼ぐや、毎月10万を目指す!とか、
月に50万!とか、預金100万円を貯めるとかが多いです。

 

この時点でのアドバイスとしては、
稼ぐ為の目標は高めに設定する事が大切です。

 
例えばネットビジネスで年収1000万を目指す!
という表明がある人は年収300万以上は稼ぎます。
年収一億稼ぐという人は、3000万以上は稼ぎます。

 
これが売上じゃなく成約数でいえば、
ある商品を1万人売る人は、3000人以上売ります。

 
その商品を10人のチームで1万人に売る!という人は
300人以上売ります。

 

 

ご理解いただけたでしょうか?

 

 
そう!目標の三割までは表明していれば、
達成率ほぼ100%になります。

 
人間の脳というのは、
ゴールを設定した瞬間から逆算を開始します。

 

 
それは意識せずとも勝手に稼働し始めるんです。

 
僕もネットビジネスを始めた時から、
半年後には一億創ってやる!っという目標がありました。
その為にまず三ヶ月以内に月100万を目指す!と決めました。

 

 
すると目標が半年以内に一億なので、
初月のマネタイズが月100万を超えてしまいました。
半年後には目標の三割は達成していました(^^)

 

 
これは僕のデータですが、
菊田塾の塾生さんの実際のデータをいれれば、
すべてが当てはまります。

 

 
常に高い意識レベルを保つためには、
高い目標!確実に三割増しの目標設定を
心がけて取り組んでみてください。

 

 
そうする事で根本的な行動基準が
無意識レベルで変わります。

 

 
これは絶対です!!!

 

 

ちなみにビジネスを学んで稼いで成功する人は、
コメントを入れたりする事は当然行いますし、
学ぶべき情報や道具にはすぐに購入をします。

 

 

これは先ほど話をした高い目標意識があるので
根本的な行動基準が違うからなんです。

 

 
あなたがもしやるべきと分かってても
行動しきれず迷ってしまう場合は、
そもそもの目標設定が低いだけかもしれません。

 

 
今改めて目標設定から見直してみてはいかがでしょうか?

 
ここのリンクから飛んだページのコメント欄へ
意思表明をされていない方はコメントを残してください(^^)

↓ ↓ ↓

ネットビジネス成功者|育成プログラム※画像をクリック!

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。