ネットで稼ぐ時のスタートと規模の派生ルート

どうも菊田です。
季節の変わり目と水面下で取り組んでいる事で
脳みそギンギンなのでこんな記事を書きます。

【ネットで稼ぐ上での規模の派生ルート】

 

インターネットビジネス(ネットビジネス)という
カテゴリーの中でしたら全くのZEROからスタートの際、
スタートラインは大きく分けて3つに分かれます。

 

 

転売系・広告系・通販系の3つです。
多くの方は商売(ビジネス)に関して、
定義や考え方も含めて素人。
なのでスタートの際に稼ぎやすいのは、
転売系が最も友好的だと思います。

 

■転売に関しての派生ルート

%e8%bb%a2%e5%a3%b2

2万から6万以内の休めの商材と、
転売するための商品仕入れ金を確保すれば
あとはやるだけで十分な収入が得られるでしょう!

ちなみに転売系に関して僕がオススメする先生は、
坂本Yさんと小野里Hさんですね。
(わかる人はわかる(^^))

最近はイケイケな感じにしてますが、
根は人間味に溢れている素朴な方々です。

変なイメージをお持ちの方は、メディアでの
演出だけで判断しないでほしいという僕の意見ですね。

話を戻しますが0円から始められる
転売ノウハウももちろんありますが、
クレジット枠やら資金の余裕がある方が
正直なところ本質は転売なので確保ましょう!

そこから月売上げ300万から1000万は
目標として目指しましょう!

それだけの売上げがあれば、
月の収入で行けば100から300万は硬いです。

しかしここで問題になってくるのが、
商品リサーチや仕入れ、出品作業や梱包。
どんな転売手法にしても作業時間を取られます。

それなりの利益を出すためには
商品数が物を言うのが物流の世界です。

なので、ここから派生する際には
情報販売やコンサルや組織化に以降します。

簡単に言えばそのノウハウと作業を
自分以外の誰かにやらせる箱を作ります。
普通の通販会社の仕組みをつくって行くんです。

例えばサラリーマンから副業視点から集めた人達を
転売で稼げる人に育てるという事ですね。
そこで育てた人の中から起業目的じゃない方を
外注業者という形の利益折半での提携をします。

簡単に言えば従業員を雇うんですが、
歩合制で契約させる形です(^^)

僕が20代の頃に作ったグループ会社も
その形態で一気におおきくしました。
これをヤラシイとか考えたらだめですよ?

正当に評価されて報酬がえられる最高の形だと
僕は思いますし、認めらる組織形態だと思ってます。

転売のネットワークビジネス形態ですので、
組織的に大きくなれば上の人は楽になり、
下は後を追う形になりますね(^^)

この組織化を目指す方ややられてる方は、
大きくなってくれば【のれん分け】を早いうちから
考えておくのがいいでしょう。

大きいピラミッドだけだと、
組織が崩れやすく破綻しやすくなるからです。

この転売のカテゴリーだけで行くと、
その後は不動産や会社自体の転売をする流れが
一般的かなと思いますが、後はトップにいる人の
ビジネスセンスで違ってくるでしょう。

 

 

netto

■広告系に関しての派生ルート

 

この広告系というのは主にアフィリエイトや
アドセンス広告などのモノが多いです。
アフィリエイトでも顧客側からは無料のものと
有料のものとでマーケティングの仕方が変わります。

 

 

 

アドセンスに関しては転売と流れが似ていて
売れる商品ではなくトレンド情報(受ける情報)を
常にリサーチしていく必要があります。

 

 

そこにSEOやSEMやSMOといった
マーケティング対策を学びながら
アルゴリズムとトレンドとの格闘になります。

YouTube上においてはYouTuber達が
事例としは分かりやすいですよね?

youtuber%e9%81%94
彼らは馬鹿じゃありません。
常にマーケット上のB層を狙って
戦略的に市場を広げながら演習を行っています。

僕のようなA層やB層でも意識高めの人向けに配信する
ビジネス系YouTuberはユーザー数が限られる為、
単なるアクセス数だけではB層マーケティングに勝てません。

なのでそこからリストマーケティングからの
メルマガやLINE@からの自社商品サービスや
ジャンルにそった案系のアフィリエイトをして
収益を得ています。

アフィリエイトで稼いでいる人なら、
億単位の人から数百万単位の人までピンキリです。

個人的にそこまで好きではないですが
『この人スゴイ』と思うのが小玉Aさんと川島Kさんです。

在庫も持たず、全体的なマーケティングを駆使して
他人の商品や広告をセースル出来る人材になるので、
自然と各ジャンルのビジネスを初めたとしても
集客からセールスまでの行程をこなせるので稼ぎ続けます。

ただ転売と違って【集客】【販売】の場所が
初めから確保されている状態ではなく、
自分で構築しなければいけません。

もちろん資金があれば外注で頼めば
簡単に作成できるのですが、
結局はWeb マーケティングスキルは必須です。

 

しかし広告系のイイところは、
たった一人でも自動化や仕組み化が可能なところです。

 

 

あなたが今後、自分で好きなビジネスモデルや
ジャンル、時間的にも好きな形に人生構築するなら
僕はこちらで稼げるようになる事をススメます。

僕もネットビジネスはここからはじめたので
今の自由人LIFEを勝ち取ってるわけです。

 

■通販系に関しての派生ルート

%e9%80%9a%e8%b2%a9%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9
この通販系のルートというのは、
主に広告系からの派生するものでもあります。
簡単に言えば、すべてを創れる状態の事です。

自分の商品やサービスを作成して、
自分のメディアで集客販売するんですから、
利益からすれば半端じゃなく稼ぐ事が出来ます。

個人ユーザー相手でしたら、
ノウハウやコミュニティーメディア、製造商品。

企業相手でしたら、
横づけ、仲介、などの橋渡しメディア構築をして
そのまま企業さま向けにばらまいていく。

 

こういったジャンルに関して僕が好きで
尊敬しているのが堀江Tさん、土屋Hさん、
孫Mさん、斎藤Hさん、藤田Tさんです。

企業間や地方自治体での取引になってくると
数千~数億規模のやり取りになります。

ネット系で情報商材で個人ユーザー向けなら
100万から200万稼げる人なら5億10億はざらだと思います。

あくまでサラリーマンからネットで成功した人よりも
もともとリアルに経営者をしていてネットビジネスを
学んだ人とかがこの市場で上手くいきやすい傾向があります。

 

 

理由としてはマーケティングやマインド論でいえば
ネットビジネス系の方が優れていると思います。

しかし大規模になってくると小手先じゃなくて
もっと別のところに肝が生まれるからです。

とはいえ、ある程度資金が確保できる状態になれば、
あなたが好きなスタンスでいればイイと思います。

例えば投 資系に展開して
ファンドの波を大船で渡っていきながら
とことん成金街道をまっしぐらで行くもよし!

僕みたいに自然が好きで自然に囲まれて好きな人達と、
好きな仕事と好きなライフスタイルでいくもよし!

 

 

都心の高層マンションでギラギラライフもよし!
どれを選択するにしても自由だと思います(^^)

946656_456202871121822_52618300_n
ただ勘違いしてはいけないのが、
自由に生きるというのは横暴に生きる事じゃないよ。

自分の選択に対して自己責任をもって
自分の力で人生を切り開く人の事ですからね(^^)

僕なんか高卒で勉強も下からの方で、
高知という商売下手で有名な県の人ですが、
(曾祖父は愛媛の人間ですがw)

そんな僕でも素直に学び色々アウトプットをして、
その業界の人に怒られたりもした経験もあれば、
褒められることも沢山しました。

その中で創意工夫を凡事徹底して
(意味は調べてみてくださいw)

色々やって今話をしたすべてを多かれ少なかれ
形にしてきて話をしてみました。

これが読んだあなたにとって
今後の人生のビジョンにいい方向で
役に立ってくれればと思います。

 

 

この少し長めの記事を読んでみて
「イイじゃない君!」って思った方は、
下記リンクから僕の公式メルマガで
7つのプレゼントを受け取って覚醒してください。

公式メルマガプレゼント受取りページへ!

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。