稼ぎ系の商材や塾は必要?胡散臭い理由とは?

どうも菊田です。

ネットビジネスや投 資系などで
商材や高額塾などの案内ページが存在します。

 
そんな商品ページを見たあなたは、
『興味はあるけど胡散臭さいなぁ~』て思いませんか?

 
僕も本気で始める前はページを見たとき
どれを見ても胡散臭ぇ~って思ってました(^^)

 

 

ある人に言わせれば、ググれば(検索すれば)
幾らでも情報は手に入れる事ができる。といいます。

 

確かにその通りです!

 

しかしどのタイミングでどれを探せばいいのか?
調べるべき、理解すべき〖キーワード〗や順番などの
設計図が不明なため見つける事が出来ないまま、

 
【情報迷子】になってしまい、
頑張っているのに成果が上がらないという
残念な結果になる方がおおいです。

 
情報があるのに行動しないというのは論外ですが、
それ以外の方はかなりの時間ロスになります。

 
その事について語った動画がありますので
ぜひご覧になって頂ければと思います。

■情報商材や塾は利用する必要あるのか?

[youtube]https://youtu.be/drGoTsFPsBQ[/youtube] 動画で語ったとおりの結論です!(^^)
しかし、胡散臭いと感じてしまうのはなぜ?
っと思うのは性質の理由があるんです。

 
物質的価値と情報的価値の違いです。

 
電化製品などは物質なので、
その物質を最初に提示していきます。

 
目に見える価値なので詳細と利便を
追求した商品ページやプレゼンになります。

 
しかし情報的価値というのは、
物質のようにすべて見せると返品も聞きません。
なので使った際のイメージをプレゼンするんです。

 
中身を知らない側からすると、
『結局中身はなんですの?』っとなるのに
中身は購入しないとみれないので胡散臭いんです(^^)

 
例えば保険なんかも同じですよね?

 
事故時の保証や病気やケガなどにならないと
本当の効力はでないものに購入するんですからね。

 
結局のところ事が起こった際の
イメージをプレゼンするんです。

 
もともと情報に価値ある事を理解している人なら
問題ないのですが、当時の僕みたいに
情報にそれほど価値があると認識していない時は、
胡散臭く感じるのは仕方がないですよね(^^)

 

 
ただ改めて考えてみてください。
あなたが今社会で生きる為に
最も使っているのは情報です。

 

 
言葉も文字も礼儀作法や仕事の仕方、
説明の仕方、スマホの使い方、
交通ルールやお店やサービスの利用方、
コミュニケーションの仕方などなど…

 
全てが情報です。

 
知識や経験が最も価値があるわけです(^^)

 
この記事や動画をキッカケに
情報に今まで以上に価値を感じて頂ければ幸いです。

 
以上ー菊田でした。

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。