衝撃!あのチラシ広告はウソだった!?

今年はなぜかクリスマス感を感じれない菊田です。

前に某スーパーの過大広告チラシの件を
ニュースでとりあげられていました。

 
ある高級牛肉が何割と書かれた広告チラシ!
なんとそれは嘘!!

 
店舗にはその牛肉は存在していないという
過大広告というよりはウソ広告でした。

 

 

完全にアウトなんですが、
僕はこれをTVメディアが「過大広告」という
カテゴリーにまとめて報道するのが疑問です。

 

あなたはそれをどう感じますか?

 

■過大広告とウソ広告について考える

TVや雑誌、インターネットなどのメディアは、
なんでも過大広告を出します。

 
過大広告出してる奴はアホとか言ってる子もいますが、
今のうちにそういう無知な反応は控えましょう。

 

 

 

僕がそもそも広告の目的というのは、

 

 

・目に止まる事。
・文字なら読まれる事。
・興味をもってもらう事。
・集客なら来てもらうという行動してもらう事。

 
言い出すとまだまだ出てくるのでここで止めますが、
目的に案内する役割があるわけです。

 
例えば芸人さんが漫才やコントをするにも
大袈裟にストーリーやリアクションをとります。

 
流れなのなかに大きな緊張と緩和などを入れ
見る側にイメージと緩急を入れていきます。

 
他にもタレントさんだって、歌手だって、
ニュース番組だって各種CMだって同じです。

 

 
僕の提供しているモノだって
嘘偽りはなくてもイメージしやすい文や
わかりやすい例えを使ったりしています。

 

 

知識欲が高く、聡明な人だらけなら楽ですが、
最初からそんな人間は存在しません。

 
あなたが誰かの親や姪や甥がいる方でしたら、
その子供に1つの物事を教える時にどうでしょうか?


幾つものたとえ話や体験、時には怒ったり
びっくりさせてみたりして心の動きを与えますよね?

 
その時にこちらから発信する情報量は
どれだけのアクションをしていますか?

 

 
考えてみればたくさんの言葉や
自分で模範をする事がありますよね?

 
もちろん嘘はダメですが

過大表現は伝えたい相手への戦略です。

 

 

 

なのでこのTVの報道で使った
【過大広告】については、【嘘広告】として
カテゴリーを変えて取り扱って欲しかったですね。

 

 
僕はビジネスも投 資業もしていますが、
特にビジネスに関しては相手への愛を重視します。

 

 
かなりクサい事を言ってるかもしれませんが、
愛がない広告や言葉は相手をダメにします。

 

 
塾生やクライアントさんなどで
僕より一回り年上の方にも本気でぶつかって
泣かせる事もあります!

 

 
嫌いで怒ったりしているんじゃないんです。
本気でよくなって欲しいから怒ります!

 

 
最近は成宮寛貴さんの友人Aさんとかで
話題も多いですが、友人や仲間で愛があるなら
一対一で腹割ってぶつかった方がいいです。

 

 
それは友人だけじゃなく、
家族でも職場でもお客様でも同じです。

 

 
話は脱線してしまいましたが、
今回はメディア報道に関しての
カテゴリーとしての言葉選びが大事という事。

 

 
後はやっぱり何事も愛が大事という事で(^^)
以上-菊田でした。

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。