売れるビジネスモデルや案件とは何なのか?

次にヒットする案件はコレだ!

どうも菊田です。

よくBlogやメルマガ、各SNSから
問い合わせをいただきます。

その中で、
「次に来る案件はなんですか?」
っと聞かれる事もあったり。

「こういう案件が出回ってますが、
実際のところどうなんでしょうか?」
などの質問も受けます。

もちろんトレンドやニーズに合わせて
サービスや案件を仕掛けるのは当然ですが、
どれが流行るというのははっきりはしません。

 

結論!やってみないとわかりません!

例えば現在だとDI〇〇という案件があります。
これは海外で急上昇している案件ですが、
現在は日本でも一部で運用テストをしています。

しかし、海外でウケた案件やモデルだとしても
日本でウケるという確証はありません。

例えばTsuなどがいい例ですよね?

スタート時に関しては、
ある程度のメディアや人材を使えば、
それなりのパフォーマンスは可能です。

しかし、ビジネスに関しては、
モデルサイクルと応用幅が広く展開出来ないと
継続的に運用していく事は難しいです。

特に国によって心理的風習やリズムが違うので
あくまでそこにマッチングするかが重要です。

海外で出来た飲食系の店舗なども
日本人向けにアレンジを行わないと
すべて消滅してきます。

だからこそ運用テストをするんですけどね(^^)

プロダクトアウトや
マーケットインの戦略がありますが、
どちらにしても自分が管理運営側にいないと
お主に依存した状態になります。

どれをするにも何でもチャレンジすべきですが、
何よりも先に自分の主軸を作る事をすべきですね。

僕も案件の仲介や代理店、
アフィリエイトなどの広告事業をしています。
他にも投 資系のモノも行っています。

 
しかしどれも主軸があるからこそ、
サイドで展開できるんです。

人それぞれ様々な偏見はありますし、
あれはダメ、これはイイとか、
分ける事は僕はこの好みません。

どれをやっても成り立っているものは、
すべて成果が出ますしやりがいもあります。

しかし他に依存してるだけのモノしかないなら
主軸という自身で運営管理できるものを
必ず構築してほしいと思います。

ここ数年で生き方や働き方が変わったように、
臨機応変に創意工夫して柔軟に動く。

失敗したどうしようとか、
流行らなかったらどうしようとか、
やる前から考えるだけ時間の無駄です。

やってダメなら手を変え品を変え、
工夫していけばいいだけの事です。

やめようと思えば辞めたらいいだけ、
結局のところ人間ゼロから下にはならいのだから。

以上‐菊田でした。

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。