MLMをネットワークビジネスと進める人へ~定義の誤解

この頃よくMLMのお誘いをうける菊田です。
今回はその事について話をしていきます。

 

 
まず第一前提として、
僕は経営者であり起業家であり教育者です。

 

 
その上でMLM「マルチレベルマーケティング」
を否定的に考えてはいません。

 

 

もう一度言いますが、
僕は経営者であり起業家であり教育者なので
基本的にビジネスが好きで行っています。

 

■商法とビジネスは違う

ではここでMLMをビジネスという人がいます。
そう「ネットワークビジネス」という人です。

 

 
たしかにAm〇〇yという会社は、
MLMを使ったネットワークビジネスをしています。

 

 
そこにMLMのマーケティング要員になるのは
ビジネスというよりも情報業界で言えば、
アフィリエイターなんです。

 

 
情報起業系の人は自分が、

・アフィリエイターなのか
・インフォプレナーなのか
・コンテンツライターなのか
・プロデューサーなのか

その判別がしっかりしている。

 

 
確認しておきますが僕は
MLM「マルチレベルマーケティング」
を否定的に考えてはいません。

 

 
しかし、ビジネスとマーケッター、
経営者と営業マンの区別が
ついていない方が多い事を問題視しています。

 

 
サラリーマンの方が、
務めている会社でビジネスしてるという人も
このMLMを仕掛ける側ではなく、
営業マンとして参加している人と同じです。

 

 
ビジネスマンの訳は、
実業家・経営者を指す言葉です。

 

 
なので僕がMLMを採用する際は、
Am〇〇yのような会社を立ち上げる際に、
ネットワークビジネスをすると定義します。

 

 
なのでビジネスの中にある商法と、
商法をビジネスと間違えて捉えると、
ただ無知な嘘つきにしか見えません。

 

 
定義づけがしっかりしないと
マインド意識ややるべきアクションに
必ずブレが出来てしまうので気をつけましょう!

 


今回の事で何が言いたいのかというと、
しっかりと自分の立ち位置を把握すべきという事です。

 

 
それによって選ぶべき行動選択や、
行動においての意識レベルが格段にあがります!

 

 
僕自身もアフィリエイターをする際は、
徹底的に営業マンになりきりますし、

 

 
プレナーやライターになる時、
プロデューサーになる時、
CEOとして立ち振る舞う時、
講師として教育する時。

 

 
かならずその立ち位置に
誇りを持って向かい合います!」

 

 
どんな仕事でもビジネスでも、
しっかり自分の立ち位置や役割を認識する事で
情熱の芯をもって取り組んでみてはいかがでしょうか?

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。