今の子供達って本当にすごい!

最近は小学生くらいからなら

スマートフォンのアプリなんかを使って

クリエイトな遊びが流行っているのを知ってますか?

 

 

 

僕の姪っ子なんかも友達との思い出を

画像加工をしたり動画編集をしたりして

プロモーションムービーを見せ合ったり。

 

 

 

確かに子供達が使えるツールやアプリには

資本的にも制限があるとは思いますが、

その子供の段階から無料であるものなどを

いろいろに組み合わせて一つの作品をつくる。

 

 

 

いわゆる創意工夫の思考が素晴らしいです!

 

■子供達から未来を学ぶ思考

 

これが今現在ならWebデザイナーや

動画編集のクリエイター業をしている人と

全く同じ思考を遊びの中で育んでいる事です。

 

 

 

今どきサイトデザインやPV撮影など、

探せばたくさんサービスが存在します。

 

 

 

これをユーザーが自己満足でいいものであれば

数万円程度で代行してもらう事も可能です。

 

 

真面目にビジネスなどで

売れる商品ページサイトや画像デザイン、

動画編集などをしようとする方なら

最低相場は20万円以上からです。

 

 

自己満足でいいものなら、

そこから収益が上がる要素を入れる必要もないですし、

そこまで工夫する必要もないですからね。

 

 

 

しかしこれが売れるサイトを作るならば、

コンテンツ内容の選定であったり、

コピーの構成や流れ内部と外部の設定などなど

 

 

それはもう一つ一つ項目ごとに

沢山のリサーチをして設定していきます。

 

 

そうする事で、制作費用で60万を使っても

年間通してその10倍以上の費用対効果があるなら

むしろ安く感じると思います。

 

 

 

動画クリエイターなどは、

一般的に15秒:30,000円~、30秒:50,000円~

くらいが日本の相場です。

 

 

もちろん個人と複数名でやっている企業さんとで

少し相場が変わっていきますが大体これくらいです。

 

 

 

こうったクリエイター業などをする方は、

今の子供たちみたいに作成する道具がない時から

沢山の学びをえてプロとして活動をしています。

 

 

 

それに比べると今の子供達は

そういった事が日常茶飯事なので

とんでもない強者が量産されそうですね(^^)

 

 

 

インターネット上にあるアプリや、

各種サービスにおいて知識や活用術などで

リテラシーが最も低い世代が30代から50代と言われます。

 

 

 

その僕も30代なのでその中にはいりますね(^^)

 

 

ただ指示された事だけしていて働いている人達は、

今の子供達が社会に出てきて来ると取り替えれらますね(^^)

 

 

 

ありがたい事に僕は子供達から沢山教えてもらえるので

何かと助かっています(^^)

 

 

何が言いたいかというと、

今の子供達って本当にすごいから

そこから吸収してくべきだねって事です(^^)

 

 

子は親から学ぶように、

親は子から学びます。

 

 

人生は自分を知っていく旅、

生きていく事は学び成長する事。

 

 

さぁ今日も日進月歩!

 

 

以上-菊田でした。

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。