「最終的には自分で考える覚悟」 羽生善治

どうも菊田です。
自分が目指す目的や目標に関して
必ず理解すべき事があります。

それは、最終的に自分で考える事です。

 
これは
日本の将棋棋士で十九世名人である
羽生善治(はぶ よしはる)さんの名言です。

 

 

何事であれ、
最終的には自分で考える覚悟がないと、
情報の山に埋もれるだけである。
- 羽生善治 -
(日本の将棋棋士、十九世名人 / 1970~)

 
どんな学びを得る際にも必要なマインドは
【守破離】の考え方です。

 
守破離の守とは、
師から教えられるルールや手順をそのまま守る。
最初の段階では特に多くの話を聞き、
指導者の行動を見習って、価値観すらも
自分のものにしていくながら指導の通りの行動する。

 
守破離の破とは、
ルールや手順にのっとって工夫を入れる。
すべて習得したと実感出来るような結果を出した次の段階。
ただ守るだけではなく、破る行為をしてみる。
独自に工夫をして指導者の話になかった方法を試みる。

 
守破離の離とは、
師から離れ自身のものを発展させる自主独立。
教えられたエッセンスや実績、自分で工夫して出来た型。
それを師の指導から離れて磨きをかける事。

 

 
最終的にはこの離にたどり着く事を覚悟する事で
何事にも向上心を持って取り組む事ができる!

そうしなければ、あらゆる情報の山に埋もれて

自分の指名や目的を見失ってしまうという事。

 
そういう気づきを改めて感じさせる言葉と思います。

 

あなたが何か新しい事や伸び悩む時には、
必ず新たなメンターや先生が必要になります。

 

 
僕にも何人もの先生がいますし、
業種によってメンターがそれぞれいます。

 
あなたにそんな人物がいるのであれば
この覚悟をもって取り組んでみては
いかがでしょうか?

 
以上-菊田の名言・格言シリーズでした。

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。