【柿の種と話の種】素敵な会話のアクセント

小話(こばなし)ってイイですよね(^^

柿の種を何気なくつまんでたら
パッケージの裏に話の種が・・・・

 

柿の種のこばなし。。

■見た目も音も似ているから。。

 

私たちが日常に使っている「T路地」という言葉、
これ本当は「丁路地=ていろじ」が正しい表記。

アルファベットが日常的に使われるようになり、
いつしか「T」と変わってしまったらしい。

現在も法定用語では「丁」が使われてるが、
一般的にはいずれもOKだそうです。

■名前は違うけど同じものです。

 

お酒のおつまみでおなじみのスルメとアタリメ。
スルメを細かく裂いたものをアタリメだと
勘違いしている人も多いのでは?

実はこの2つは同じもの、
スルメはお金をスル、すなわち
損をすると似ているため、
縁起をかついでアタリメと呼ばれるそうです。

■トランプと暦の不思議な関係

 

トランプの数字は全部で52枚。
これは1年が52週からなることを示し、
四季を表すのは
ダイヤ、ハート、クラブ、スペード。
札の数字をすべて足すと364となり、
そこにジョーカーを加えると・・・
365=1年の日数となります。

ちなみにジョーカーは2枚含まれており、
2枚とも加えると366日となり、
うるう年の日数となります。

 

 

他にもいくつか話の種が、
柿の種の中に入っています。

なんやろなぁ~こう言うのって
「素敵やんw」って思う菊田でした。

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。