ビジネス:心理学とマーケティングの相違点をご存知ですか?

どうも菊田です。
今日は心理学についての話をします。

「ナゼ心理学?」と思われるかもしれません。
しかし、ビジネスや我々が生きる社会では、
この本質以上に必要な部分が必要になります。

 

例えば多くの方が悩みを抱える人間関係。
敵対する人もいれば親しい仲でありながら
あなたの成功を妨げるものもあります。

それを一瞬で解決できるのが、
その人それぞれがもつ「主観的」な部分を
変化させる考え方や見方の部分。

 

つまり心理学というものです。

これがビジネス的なカテゴリーで話せば、
セールス部分を考えてみましょう。

会社に勤めていれば自分の商品ではないので
どんな阻害な商品であっても売りつける事が出来ます。

しかし、いざ自分の信頼によって販売する状況になると
自信をもって販売できなかったり、
そもそも値段を提示する事すら出来ない人もいます。

そんな主観を持っている状態であれば、
いざ集客も出来てる状態になっても
売上げを上げる事は出来なくなります。

それはお金のマインドセットなどで
よく僕が話をしている事です。

他にも商品を企画してリリースしていく際、
多くのビジネス初心者が陥る間違いがあります。

いや、間違いではなく欠落点というのが正しいでしょう。

それは何なのか?
今回は心理学においての重要さと、
更にそこにマーケティング目線の中の
一部に絞って初心者が陥りやすい欠落点を話ます。

 

 

■ビジネス初心者が陥りやすい欠落点。


あなたが何らかの商売やビジネスをする時、
もしくは現在してる段階だとして考える事は?

恐らく何を売って稼ごうか?
どのようにお客さん集めようか?

最低限これくらいのことは考えますよね?

そして行動を開始し始めると、
どの商品が売れるのか?どういった人が買うのか?
この二つに思考がシフトしていくはずです。

この段階までくると「売上げ」という面でも
必ず結果というデータが蓄積されていきます。

目標としていた売り上げが出ていない、
企画して見込んでいた商品が売れてない。
そもそも売り上げが出ていないなどなど…

何かしらのデータが出来るはずです。

この段階で売れていない人よりも
たまたま少額でも売れる人は、
後で痛い目を見る時があります。

「え?」って思うかもしれませんが、
その答えは明らかでなんです。

それは「たまたま」だからです。

たまたまでも売れた方がいいのでは?
という方も少なからずいるでしょうが、
これはたまたま売れるという事には、
全く再現性がないという事です。

例えば、野球の素人がプロ投手の球に
バットが当たってたまたまヒットになった。

しかし試合は九回裏まであるわけなので
これで勝てると思いますか?

当たり前に考えれば勝てないですよね?

確かに500球のうち一球でも
ヒットになれば勝ちの場合ならOKですが、
商売は宝くじではありません。

我々ビジネスをする経営者というのは、
ある程度の再現性をもって勝負に挑みます。

必ずどこで利益が生まれて、
どういうルートでお金と人が動くかを
把握したうえで取り組むんです。

そこでビジネスで大事になるのが、
最初の企画段階という事です。

それをひとまとめにすると、
マーケティング上のリサーチの事ですが、
簡単にリサーチと言えど初心者と長年経営で
マーケティングを学び実践し続けている人では
「観点」そのものが違います。

初心者から一度ゼロからイチを立ち上げられる人は、
ある程度本質的な事には理解があります。

この時点でもある程度は商売は出来るのですが、
もう一段階ステップアップしていないと
後にゴロゴロと衰退をたどっていきます。

 

特にスモールビジネスを主体とする方は、
よ~くこの事を理解しておく必要があります。

 

その事について話をすると本一冊にしたとしても
説明不足になるので止めときます。

今回はほんの一部を主点にして話をしていきます。

ビジネスをする時に売る商品を決定する時、
大きく分けて二つの考え方があります。

プロダクトアウトとマーケットインの考え方です。

■プロダクトアウトとは、
利用ユーザーが集まるマーケットに
需要を持たせて購入を促す考え方。

■マーケットインとは、
消費者が必要としている需要やトレンド。
それに合わせた商品をマーケットに流す考え方。

この2つのマーケティングにおいて
どれにも心理学が深くかかわっていきます。

2つの考え方をもっと砕いて話をすれば、
Aの商品が欲しい人が集まるところに
Aのような商品を目の前に出す事。

逆に、いかにも必要だ!無いと困る!
と周囲に促して買わせるように仕向けるやり方。

どの方法とも素晴らしいやり方です。
そしてどの考え方も人が欲しくて行動する事への
心理を熟知しているからこそ応用が利く内容です。

そうなっていくと、人はどうして
行動する、しないを判断するのか?
の心理をそもそも知っておかないと
商売をしている以上は人はお金を払わないんです。

例えば日本というのは、
水道のインフラ設備が他の国より
圧倒的に整った国でもあります。

正直、飲み水が原因で死んでしまうような
不衛生な国では全くありません。

しかし浄水機やろ過装置、
電子分解商品などが飛ぶように売れます。

その際に販売元がする売り文句は、
そもそも家庭用水道で衛生に保ってくれている
成分そのものを「悪」に仕立てるんです。

サプリメントや栄養食品のマーケットでも、
そもそも人間に備わっている毒や菌は、
外からのウイルスを殺菌して抵抗力を上げる
大事な役割があることを「悪」にして販売します。

僕のようにインターネットの恩恵を受けて、
月に数時間も働いてもいないのに、
一般の数倍の富を得ているのが不思議と思う人がいます。

しかし、当たり前に考えてみてください。

あなたが国のトップやお偉いさんだったら。
労働者を増やしたい国の移行があれば、
テレビなどのマスメディアでは、
稼げなくても貧乏でも一生懸命働いてたら
「正義」というようなドラマや番組を作らせますよね?

流行っていなかったファッションやブランドも、
「今若者を中心に流行っています」なんて報道すれば、
情報収集力やリテラシーの低い人は、
こぞってその流行に乗っかっていきます。

それが流行り物が好きで、
そこで買い物したりするのが幸せな人もいるので
それに乗っかってるのが悪いわけではありません。

しかし、そんな心理作用を駆使して
不必要な風習や他人にその人の主観という、
価値観を押し付けられて苦しむ人がいるのも事実です。

それは本人が多くの学びを得て
自分で気づかなければならない事が大半ですが、
たとえサラリーマンであっても、
役職がついているような指導する立場の人は、
その心理学的な学びは常にし続ける責任があると
僕は思います。

そうでないと大きな問題でいえば、
宗教の教えの相違によって戦争が起きるからです。

心理学的に宗教的にそれぞれがもつ
「主観的」な思考を押しつけがましい人、
とくに影響力がある人であればあるほど、
知らないうちに他人の人生を崩壊させかねません。

 

なのでビジネスをする上でも、
自分が相手に喜んでもらえるように、
提供する側にいる我々ビジネスマンは、
いつまでも学び続ける必要があると思います。

 

この記事を読んで、マーケティングや投資、心理学などが、
今度の自分の未来に必要だと感じたのであれば、
ぜひ僕の無料公式メルマガでネットビジネスを通して
情報や学びに必要なコンテンツを提供しているので、
ぜひ受け取ってご覧になってみてくださいね!(^^)!

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。