主夫になる人と「家庭があるから」と言い訳する男に物申す

どうも菊田です。
今回の記事はかなり攻撃的な記事なので、
かなり反論もあると思います。

 

それも覚悟してズバッと語らせていただきます。

 

副業や収入アップ、起業などで
よく問い合わせの中で多い言葉があります。

 

「家庭があるので時間がとりずらいです。」

 

この質問、家庭をお持ちの方でしたら
こういう言葉を使った事があるのでは?

 

最近では夫婦が共働きが増えて
「主夫」になる男性も多いようで、
女性もそれが素晴らしいかのような振る舞い。

 

僕から言わせれば「何してんの?」
っと言いたくなってくる。

 

■男と女にはそれぞれ特性がある。

 

男性で会社に勤めている方は勤めが終われば、
嫁さんの手伝いというよりは子供を見てあげればいい。

 

経済的に余裕がなければ稼げるように
男性の方が時間を優先的に使うべきだと思うし、
嫁さんはそれが出来るように支えてあげるべきと思う。

 

家庭外の事なら男性が適応能力が高いし、
家庭内の事なら女性の方が能力が高い。

 

これはどうあがいても生物的に
そういう性質で生まれて生きているからだ。

 

 

嫁さんが働きたいなら働かせればいいし、
生活のためとかじゃなくてやりたい事や、
精神的な充実度を上げる為にさせてやればいい。

 

実際なところ、家庭があるからというが、
子供が小さい内はとくに母親の仕事が多い。

 

我々男性なんて役立たずもいいところだ。

 

菊田は昔から兄弟や友人の子供の面倒を見てたお陰か、
赤ちゃんの風呂やオムツ替えなんて
そこらの新米母ちゃんより上手にできる。
(どんだけやってきてんねんwww)

 

料理や家事だって今まで何人面倒みてきて
お店などのプロデュースしてきかというくらい
家庭料理から洒落たコースまでできてしまう。

 

しかしそれは
あくまで収入につながってた時期があったからだ。

 

今はそれがつながらないからやっていない、
面倒みるのも身内だけである。

 

(しかしなぜか子供は集まってくる(;´・ω・))

 

話がずれたので修正!!!

 

何が言いたいのか?というと、
男が家庭があると言うのと、
女が家庭があると言うのとでは違い過ぎるのである。

 

割合で考えてみれば、
家庭内の用事は男が3なら女は7
もしくは男が2で女が8の場合もある。

 

では男が家庭があるからというのは、
完全な言い訳でしかない。

 

おれは家族のために頑張って稼いでるという人がいる。
しかし、嫁さんも働かないといけない環境と、
嫁さんが働きたい環境とでは意味が違ってくる。

 

僕の義理の兄貴も必死に働いている、
そして子供たちのために常全力だ!

 

とても誇らく僕は思っている。

 

しかしそうなるまでには
たくさんの苦悩もあった。

 

そんな時に家庭内の事をやらせて
足を引っ張てる姉達を観たことはない。

 

僕は女ではないから女の事は理解できない。
こういものだと受け入れてあげるだけ。

 

ただし男だからこそ男は理解できる分、
主夫になる男が意味不明である。

 

家事をやらなくていいなら
収入を増やす為に勉強すべきだ。

 

酒飲んでパチンコ行って、
それ以上向上しようがない付き合いに
限りある人生に浪費している暇はない。

 

仕事人間になると家庭に時間を作れないなら
時間もお金も増やせるモデルにシフトすればいい。

 

そのやり方や思考がない。
いわゆる学がないのなら学べばいい。

 

人生や環境を変える為に必要な期間は、
三ヵ月から半年で十分だ。

 

それを決断できないまま、
ただやみくもに分からないくらいに
下降し続ける今までを過ごす。

 

それに何となくでも気づいているはずなのに
「家庭があるから」と言うようでは、
嫁さんにも子供にも失礼な話だ。

 

要は自分が奮起出来ない事を
嫁や子供のせいにしているのと同じだ。

 

こんなことを話をすると、
「お前は家庭を持ったことがないからだ」
と言われてしまうでしょう。

 

そう僕にはまだ子供がいない。
なので姪っ子や甥っ子が今は自分の子供のようだ。

 

しかし、自分の子供とでは
また別なのだろう。

 

バツイチなので夫婦の経験はある。

 

その当時は相手の親の負債も
かぶってあげるくらい時期もあった。

 

それが別に嫌ではなかった。
なぜなら奮起して学んで働く気概が出来たからだ。

 

逆にここまで俺は出来るんだ!と
自信すらついたくらいだ。

 

家庭を養うという観点でも、
5年前までは多くの従業員を雇って
数十の家庭を養っていたくらいだ。

 

2、3個程度の家庭を養うなんて
大した事ではないのだ。

 

それは自分が主夫にならずに
男としての役割をしていたからだ。

 

それは男として生まれたことに対して
誇りもって生きているからだ。

 

僕は女の人はオアシスだと思う。

 

家庭に帰り旦那も子供も
伸ばせるのは女の人の凄さだと思う。

 

男がどんだけひっくり返って頑張ろうが、
女性の分野で男は勝てやしない。

 

それは逆の目線からも同じです。

 

出なければ神様が男と女を
分けて作る必要はないんです。

 

もしあなたに家庭があって
何かの言い訳として家庭を利用した事があるなら
少し改めて考えてみてほしい。

 

やりがいとして存在するものと、
言い訳として存在するのとでは
全く意味が違ってくる。

 

少ない時間から始められることなんて
いくらでも存在します。

 

たくさんの方法があって一つに絞ってもいい。
それを絞るためにはある程度たくさん学ぶ必要がある。

 

それが23種類あるとしたらどうですか?

 

簡単に言えば23の武器です。

 

23種類の中から全部構築してもいいし、
どれかに絞ってマスターしていってもいい。

 

そこで学んだ方々は皆同じ事をしているのかと言えば、
そうではありません。

 

アフィリ系をする人もいれば、
コンテンツホルダーになる方もいれば、
イベント関連の人もいればセミナー講師もいれば、
クリエイターもいればトレーダーもいます。

 

言い出したらキリがないくらい出てきます。

 

もしその23種類の武器を手に入れる場合は、
こちからに入れる事が出来ます。

 

<どん底から資産数億になる23の武器>

 

塾生さんの声もたくさん収録していので、
そちらもご覧になっていただければと思います。

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。