取り組んでいる事にブレる原因と対処「消化と断捨離」

【ブレてしまう事について回答】

よく聞く話の中で、
「私はよくブレてしまいます。」などがある。

 

今取り組んでいる物事に対して
環境や自分のバイタルなどに影響して
思い通りにならない時はある。

 

そういった不安要素が重なって
ブレるといういう人がいる。

 

結論から言えば、
「全然ブレても大丈夫です。」

 

僕なんかもその定義でいえば、
ブレブレもいいところです(^^)

 

何かの企画がある時に
何だかやる気はあるのに煮え切らない時がある。

 

そんな時はどこかに不完全燃焼があるので
必ずそれから処理するようにする。

 

例えば僕はゲーム好きなので
やりたいタイトルのゲームがあるとする。

 

それが途中だと企画に没頭できないので
それを短期間で全力で遊びつくす。

 

なので時間を無駄にするような終わりのない
モンストやパズドラ系などの
携帯ゲームは絶対に選ばない。

 

自分がそのアプリを運営しているなら
儲けが出るので推進していくけど、
利用者としては生産性がなさすぎる。

 

必ずストーリーなど一度完結するものを選ぶ。
ドラマや映画などあらゆる娯楽コンテンツは、
基本的にこの判断で選択する。

 

そういうものを短期間で終わらせてから
本来のミッションに没頭すのがいい。

 

一番いいのはそれをやらない事には
生きていけない状況などの
追い詰められた状況を作るのが手っ取り早いが、
今の僕にはその状況は作りにくい。

 

借金だらけで毎日の生活の中で
選べる状況すらない人だったら稼ぐ事に
お金も時間も労力もすべてフォーカスすべき。

 

そんな切羽詰まった現状でブレるのは、
今現状で断っておくべき事を
断てずにいるだけの事です。

 

僕も5、6年前は危機的状況だったころに、
娯楽も習慣も交流も見直して
断捨離をしていきました。

 

皆さんが知っている決断という言葉がります。

 

多くの人は決めることはできるが、
断つ事が上手に出来ない。

 

断つことが出来ない部分が、
人の迷いやブレにつながる。

 

お金も時間も精神的にも潤っていれば
そんな悩む必要もないけれども、
ただ短期間で消化してしまえばいいけど、
そうでないから迷ってしまう。

 

ここで僕の言う「ブレ」の定義とは、
行動の結果、判断材料というデータが取れた時に
方向性を変えられる事を言う。

 

簡単に言えば、
「軸が変わる」という事です。

■心は○○に行動は○○に

 

菊田塾の塾生なんかでも、
最初は今の生活から抜け出したい!と言って
塾に入って稼ぎ始めて環境も思考も変わる。

 

その後にコミュニティーで大きな案件、
または企画を成功させたいと言い出す人もいる。

 

または自分が稼いでいるビジネスモデルを拡大したが、
もっと一人でのびのびしたいと言い出して、
全く違ったワークスタイルやモデル転向する人もいる。

 

僕はそれでいいと思う(^^

 

同じ価値観で共有できる仲間であると同時に
それぞれの生き方に色合いがある方が素敵だ。

 

もちろん基礎はそこにあるんだけど、
それをどう味付けするかはその人次第だ。

 

だから悲観する事も比べることもなければ、
ましてやどっちが上も下もない。

 

そんな時にブレるとかどうでもいい話で、
壁に当たったり動きにくい状況とは、
目指す方角の修正ポイントくらいに思えばいい。

 

そんな時に有益で生産性のある
情報や時間を共有出来る人達の交流を
本当の人脈です。

 

ただここでブレてもいいけど、
必ず自分へ約束しなといけないことがあります。

 

ミッション遂行においても
消化作業でも断捨離でも守るべき事。

 

それはその物事に対してフォーカス!
情熱をもって取り組む事です。

 

それは雇われのサラリーマンでも
経営者、投資家、学生、主婦でも
誰でも同じ事です。

 

中途半端は問題しか生みません。
それが出来るのは神様くらいじゃないですか(笑)

 

「心は柔軟に行動は極端に」
昔お世話になった某有名人からの言葉です。

 

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。