ハンドメイドなどのフリマブースでの上手な販売方法や考え方

以前にハンドメイド系のイベントに行って
都心と地方の特徴にきづきました。

その気づいた一部について
品と愛嬌というテーマを絡めて
今日は話をしていこうと思います。

 

その時の投稿記事を引用——–

ハンドメイド系のイベントに潜入!

地域リサーチついでに
可能がハンドメイドをしているので
ヒョコヒョコついて行きました^ ^

Webコンサルや通販業をしているので
ネットで売るのは大得意なんですが、
地域販売やイベント販売などは
それぞれの特質を知らないと戦略が出ません。

今回とてもイイデータが取れて
今後の地方の戦略にも活かせそうです^ ^

ツッコミどころ満載でしたが
運営側の熱は感じる事が出来ました^ ^

■都心・地方 ブースの特徴

都心などで行われるブースでは、
属性の合うメインのスポンサー主催。

例えばミンネ、イーチ、テトテ、クリーマなど
それ専門ジャンルの企業や著名人が看板を出す。

そのお陰で広告面において、
購買欲が高いユーザーが頻繁に集客され
そしてユーザー層の認知度も高めである。

なので販売ブースにおいては、
品のクオリティー面だけでも
ある程度の成果が見込みやすい傾向にある。

では地方に目を向けてみると、
その地区による地域性がもろに出る。

そしてユーザー層というのは基本、
認知度や情報量が少ないまま誘導された方が多い。

その代わりに商品に関する情報の価値提供や、
ある程度の愛嬌があれば喜んでもらえて
購入をしてもらえる居心地の良さがある。

■ユーザー認知に比例する価格設定

そのほかになってくると、
ラインナップされている商品単価です。

ビジネスの基本中の基本ですが、
物の価値を知っているか知らないかで
人は商品が高いか安いかを判断する。

これはどのジャンルにも言えるのですが、
都心の場合はある程度スポンサー側からと
集まるユーザー層の認知が高い。

簡単に言えば、ものを知ってるという事。

なので変に対したいプレゼンや接客をしなくても
お客さんがある程度知ってくれているので
販売価格も妥当な値段で売ることができます。

ここまで話をしていたらわかるように
地方の方ではより多くの情報発信が必要なんです。

ユーザー層の認知度(情報量)が低い分、
それだけ詳細な発信が必要になってくる。

それはイベント開催前からの紙系の広告でも
ネット上の発進でも同じ事です。

そしてブース内における部分でいえば、
もっと必要になってくる。

■品と愛嬌について

ビジネスにおいては、
集客・教育・販売というフェーズがある。

フリマ系などのイベントブースで
出店している方でいえば、主催側が
もっとも労力を使う集客を担当してくているので
教育と販売にさえ力を注げばいい。

そこをまとめて【愛嬌】とします。

ではそこで販売する商品がありますよね?
先ほども価格の話をしましたが、
ここで言う【品】とは価格とクオリティーです。

この愛嬌と品のバランスが影響してくる。

例えばユーザーの認知が高い市場であれば、
愛嬌4:品6の割合が望ましい。

ユーザー層の認知が低い市場でやる場合、
割合的には愛嬌7:品3の割合がイイ。

これは力の分配の割合の事です。

これがネット販売の市場であれば、
ユーザー層の集客をある程度コントロールできるが、
直接の販売ブースになってくると選べない。

なので販売する際のユーザー層に応じて
プレゼンの仕方や力の注ぐバランスが重要です。

ゲスな言い方をしてしまえば、
品が対したものがないならセールスに
精一杯の気持ちを込めて対応しろ!とう事。

品がイイものがあるのであれば、
それを理解させるように尽力すればいいので
あえて安値をつけるのは素人のすること。

そしてこういったクリエイター系で多いのは、
クオリティーに目線が行き過ぎて販売などの
マーケティングやセールス力におろそかな人。

例えるならば、売れないバンドマンです。

ただ曲を作ってクオリティーがどうだの言う前に
情報発信などのマーケティングに目を向けなければ
知ってもらう事もなければそもそも買われる事もない。

我々のようにネットビジネスのスキルを駆使して
情報でも不動産でもイベントでも出会いでも
売ったり、その手伝いをしている人からすれば、

自分が丹精込めたものを買ってもらって
喜んでもらいたくないの?

っと思ってしまうのである。

あくまでも菊田の自論なので、
売る気がなくて趣味でやっている人には、
少し厳しくドライに聞こえるかもしれません。

しかしこれはあくまでほんの一部の内容に過ぎないですが、
コレだけの事でも少し考えてリサーチするようにするだけで
各段に結果は変わっていきますよ(^^)

以上、菊田の自論でした。

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。