ハンドメイドなどのフリマブースでの上手な販売方法や考え方

以前にハンドメイド系のイベントに行って
都心と地方の特徴にきづきました。

その気づいた一部について
品と愛嬌というテーマを絡めて
今日は話をしていこうと思います。

 

その時の投稿記事を引用——–

ハンドメイド系のイベントに潜入!

地域リサーチついでに
可能がハンドメイドをしているので
ヒョコヒョコついて行きました^ ^

Webコンサルや通販業をしているので
ネットで売るのは大得意なんですが、
地域販売やイベント販売などは
それぞれの特質を知らないと戦略が出ません。

今回とてもイイデータが取れて
今後の地方の戦略にも活かせそうです^ ^

ツッコミどころ満載でしたが
運営側の熱は感じる事が出来ました^ ^

■都心・地方 ブースの特徴

都心などで行われるブースでは、
属性の合うメインのスポンサー主催。

例えばミンネ、イーチ、テトテ、クリーマなど
それ専門ジャンルの企業や著名人が看板を出す。

そのお陰で広告面において、
購買欲が高いユーザーが頻繁に集客され
そしてユーザー層の認知度も高めである。

なので販売ブースにおいては、
品のクオリティー面だけでも
ある程度の成果が見込みやすい傾向にある。

では地方に目を向けてみると、
その地区による地域性がもろに出る。

そしてユーザー層というのは基本、
認知度や情報量が少ないまま誘導された方が多い。

その代わりに商品に関する情報の価値提供や、
ある程度の愛嬌があれば喜んでもらえて
購入をしてもらえる居心地の良さがある。

■ユーザー認知に比例する価格設定

そのほかになってくると、
ラインナップされている商品単価です。

ビジネスの基本中の基本ですが、
物の価値を知っているか知らないかで
人は商品が高いか安いかを判断する。

これはどのジャンルにも言えるのですが、
都心の場合はある程度スポンサー側からと
集まるユーザー層の認知が高い。

簡単に言えば、ものを知ってるという事。

なので変に対したいプレゼンや接客をしなくても
お客さんがある程度知ってくれているので
販売価格も妥当な値段で売ることができます。

ここまで話をしていたらわかるように
地方の方ではより多くの情報発信が必要なんです。

ユーザー層の認知度(情報量)が低い分、
それだけ詳細な発信が必要になってくる。

それはイベント開催前からの紙系の広告でも
ネット上の発進でも同じ事です。

そしてブース内における部分でいえば、
もっと必要になってくる。

■品と愛嬌について

ビジネスにおいては、
集客・教育・販売というフェーズがある。

フリマ系などのイベントブースで
出店している方でいえば、主催側が
もっとも労力を使う集客を担当してくているので
教育と販売にさえ力を注げばいい。

そこをまとめて【愛嬌】とします。

ではそこで販売する商品がありますよね?
先ほども価格の話をしましたが、
ここで言う【品】とは価格とクオリティーです。

この愛嬌と品のバランスが影響してくる。

例えばユーザーの認知が高い市場であれば、
愛嬌4:品6の割合が望ましい。

ユーザー層の認知が低い市場でやる場合、
割合的には愛嬌7:品3の割合がイイ。

これは力の分配の割合の事です。

これがネット販売の市場であれば、
ユーザー層の集客をある程度コントロールできるが、
直接の販売ブースになってくると選べない。

なので販売する際のユーザー層に応じて
プレゼンの仕方や力の注ぐバランスが重要です。

ゲスな言い方をしてしまえば、
品が対したものがないならセールスに
精一杯の気持ちを込めて対応しろ!とう事。

品がイイものがあるのであれば、
それを理解させるように尽力すればいいので
あえて安値をつけるのは素人のすること。

そしてこういったクリエイター系で多いのは、
クオリティーに目線が行き過ぎて販売などの
マーケティングやセールス力におろそかな人。

例えるならば、売れないバンドマンです。

ただ曲を作ってクオリティーがどうだの言う前に
情報発信などのマーケティングに目を向けなければ
知ってもらう事もなければそもそも買われる事もない。

我々のようにネットビジネスのスキルを駆使して
情報でも不動産でもイベントでも出会いでも
売ったり、その手伝いをしている人からすれば、

自分が丹精込めたものを買ってもらって
喜んでもらいたくないの?

っと思ってしまうのである。

あくまでも菊田の自論なので、
売る気がなくて趣味でやっている人には、
少し厳しくドライに聞こえるかもしれません。

しかしこれはあくまでほんの一部の内容に過ぎないですが、
コレだけの事でも少し考えてリサーチするようにするだけで
各段に結果は変わっていきますよ(^^)

以上、菊田の自論でした。

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。