人生の質を高めるライフマネジメント~LifeManagement

お金に執着する必要はない。
お金に執着せざるおえない状態が問題。

自分が楽しめる人生の質を上げてくために
考え方を学びそれにマッチングした
稼ぎ方を選択する事が僕は重要だと思う。

 

例えばプライベート時間もないような
ハードワークを続けながら月に5、60万、
または2、300万の収入を得るより、

 

特に働かなくても月に40万~300万くらいの
収入がある方が僕は好きだ。

 

金融取引系なんかで富を得ている人からすれば
為替差損益から膨大な税金が発生します。

 

つまりそのジャンルの税金が安い国に
移住をする人は多く存在します。

 

結構その事で金持ちから税金を徴収出来ない
アメリカや日本などは、マレーシアやドバイなどに
金持ちを取られて税収が伸び悩む状況もあります。

 

例えば年間取引で一億円ほど利益を出せば、
日本では3890万円から4500万円の税金がかかる。
(申請の仕方や取引国内外会社によって異なる)

 

その税金が安い国でいえば同じ利益でも、
1800万から2900万円ほどになる。
(これも国によって変わってくる)

 

最大差額でいえば、2700万円も変わる。

 

これについては削減出来て儲けが多いと思う人や、
せっかく税金納めるなら地域に多くても還元したい
という人など賛否両論だと思いますが、
菊田は払う側の自由だと思っています。

 

資産管理において軸となるのは、
所有者の求めるライフプランに移行するからです。

 

■見直すべきは象徴ではなく真意

 

 

菊田は心の底から大企業の社長さんたちは
「すげぇなぁ~」と思っています。

 

某有名企業のG社長は年商数千億円で
年収で9憶近くもらっています。

 

それで税金は4憶近く国税へ支払い、
会社規模が大きさもあり会社の為に
自腹を切る必要もあるのでむやみに豪遊はしてません。

 

ほとんど会社のために自分の人生を犠牲にしますから
プライベートは充実していないのが現状です。

 

しかしそれはプライベートの充実を目的に
ライフマネジメントしている人の目線であって、
そのG社長からすればそれが目的なわけです。

 

ビジネスや投資などで
どんな稼ぎ方、収益構造を実施するかは、
どんな生き方をしたいかでマネジメントが
変わっていきます。

 

古い武術の中には「骨法」という武道がありますが、
これは物質や物事のコツ(骨)を利用した武道です。

 

世の中にはたくさんの収益モデルがある中で
そんなコツ(骨)という本質を常に学びながら
自分のライフマネジメントを確立してみてはいかがでしょうか?

 

以上-菊田でした。

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。