お金を稼いだり増やす為に必要な5つのジャンルその1

どうも菊田です。この夏は、

兄貴と川でサバイバ、じゃなくてBBQしてました(笑)

自然の中で食べると何でも美味しいw

 

自然と夏を満喫していたところ、

菊田の運営する起業塾の塾生からこんな質問をされました。

ビジネスや投資に関して根本的な知識として、

何が菊田さんの中で必要なジャンルだと考えますか?という事でした。

 

■富の形成に必要な根本的な知識ジャンル

 

ビジネスでも投資でも長期に渡って
収益を上げ続ける為に必要とされる知識とは?

 

それを考えた時に菊田から出てくるのは、
お金の知識と人間心理学と脳科学、
メディアが民衆に対する心理的影響と歴史。

 

だいたいこの5つを抑えておけばいいと思う。

 

その中でお金の知識とメディアの影響や歴史。
この3つは義務教育の段階で学ぶ事です。

 

とはいえ、学生時代に学ぶ歴史や現代など僕も含め、
ほとんどの人は学生時代に必要性がないという原因で、
一時的な暗記はしても身につける事はない。

 

そんなものは、社会に出て経済的豊かさや、
人生の舵(コントロール)を自分で取るようになってから、
初めて必要性が出てくることがほとんどです。

 

なので一般的に多くの方は、銀行預金の事を、
間接投資という概念や定義すらもっていない。

 

経営者や投資家、トレーダーの人からしたら、
スマホはバッテリーが切れると使えない。というくらい
基本的なことなんです。

 

しかしそれを把握していない人の方が多いのは、
日本の現状でもあります。

 

ただ当時の学生時代のように必要性がない時期にくらべ、
今社会人で生活をしている現状に置かれている人からしたら、
その内容を説明すればものの5分もかからず理解出来る。

 

それほど学びを得る時期による、
[必要性]のタイミングは人それぞれとも言えます。

 

とは言え、産業革命時代からIT革命に変化して、
今ではAIの発達がとんでもないレベルまで上がっている。

 

そのうえで生き方や働き方は2003年頃から
急激な変化を師続照ります。そしてそれは、
1世紀間は変化し続けます。

 

歴史やメディアの影響、そして心理学を
少なからず学びがある方なら理解できる事です。

 

現在この記事を書いている段階で、菊田は32歳なので
この変化の時代で生きる事が確定なわけです。

 

そして自分の生きたい生き方というものを、
創造しやすい時代でもあると言えます。

 

ではそこで、必要性やタイミングを
俯瞰的にとらえながら順応していくためには、
今回のお金の知識と人間心理学と脳科学、
メディアが民衆に対する心理的影響と歴史の
5つが必要なジャンルだと思います。

 

この5つの詳細については、次回に
細分化して書いてみようかと思っています。

 

P.S

菊田式
どんな場面でも会話が心地よくなる会話術は、
自分の嫌いを主張するのではなく、自分の好きを主張すること

 

以上-菊田でした

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。