世の中の矛盾。仮面の人々

どうも菊田です。

今回は矛盾へのあらがきです。

福島の原発処理事情で被害にあっている
下請けの人達の特番など見てしまって
情けなくて悔しくて煮えくり返っています。

それをネットビジネスで稼ぎたい人や
同じ業界でも菊田が矛盾を感じている輩に対して
思っている事をダラダラと書いていきます。

出来るだけ丁寧な言葉で書くので
言い方が気にくわない人は先に誤っておきます。

■矛盾:自分がしたくない矛盾

投資に確実なAIなどのツールはない、
投資で利益を得ている人ほどそう言う。
知識やコツにはその人の活用してきた
経験値から出された一つの答えがある。

守破離という言葉が大昔からあるのはそのため。

ただそんな言葉を世間に吐いた人間が、
投資に確実なAIツールといって売るのは矛盾。

考え方はコロコロ変わってもいいと思う、
それならそれで発言してから変えればいい。

しかし少なからず世に影響力があるなら
それ相応の義務を持つべきだと菊田は思う。

確かに遥か上にいる人達からすれば、
「それはまだまだ甘い考えだね」と言われ、
「上にいくなら力で寄せるか消す器量がいる」
なぁ~んて言われそうですね。

もちろん何が悪いのか?って
力のないものや貧乏なものは、
正直文明の中ではすべて悪です。

何を言っても通らないし、
この世の中が平等だなんて思っていない。

その為に菊田も力をつけてきたし、
発言力や発信、経済、知識、人脈を得てきた。

矛盾と戦う力だったり、
矛盾から身を守る力だったり、
矛盾から影響されない環境や存在になる。

目標やら大義名分はどうあれ、
本質的な事はみなそこにたどり着く。

この本質的な内容に気づいてなくても
結局は自分は流れ弾を受けたくないのが心情。

だからこそ根っ子の方から学ぶべき!

もう一度いうが、守破離という言葉

つまりマネから入るのは当たり前だし、
試して、使って、使い倒して、マスターする。

このマスターするところまでやる人は意外と少ない。

その割合が100人いれば5人にも満たない。
これが違いをもたらす違いでもある。

最初は特に時間を費やすのは大事だし、
凡事徹底するのは当然の事!

しかしその設計図や地図すら持たずに
無駄に時間を費やす事は勿体ない。

さっさと菊田塾のノウハウ全部みろ!
他の虫食い商材だけだったら、
余計な時間[独学で妄想する期間]を使って
確立できないから!って思う

とはいえ、改めて
よくよく勿体ない人が世の中に多い。

○○ないからという
ないない病にへりくだってなければ
今とは考えられない結果を得られるのに…

そういつも出会う人出会う人に思う。

生まれも田舎者で偏差値も低く、
成人してもふらふらしてたダメ男が、
それなりやれている。

逆に

普通に毎朝満員電車でストレスだらけ、
大学受験や資格なども取っていき、
20数年近く勉強や受験競争にも勝ってきたのに
このダメ男の数分の1の収入しかなく、
さらに週に5日も6日も長い労働時間を強いられる。

能力高いのに何でそっち選択するの?

その競争3~5万人の内、
スタートラインに立てるのは、
8割の人間そしてそこで勝ち組になれるのは、
その中の30人ほど、

その30人に入るなんて簡単だぜ!
って言える人には申し訳ないけど、
そうでないなら勝負にすらないらない。

それも一つの菊田の中の矛盾だ。

と言いながら思ったままに書いていたら
矛盾に感じている事ばかりで止まらなくなるので
この辺で終わります。

最後まで付き合っていただき
ありがとうございました^^

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。