無料ばかりだと逆にリスクが高い⁉ビジネスでの必要コストと不要コスト

どうも菊田です。

本日はメルマガ読者様から頂いたメールでの
回答!というか菊田のお節介レベルの動画です!(^^

こちらの動画で話をしているOさんの話題ですが、
ここで話をしたいのは無料ブログを同じように活用して
ネットビジネスで稼ぎたい!方達へのエールです!

そんな皆さんへ
目的を確実に達成したもらいたい!っと願う!
菊田からのメッセージでもあります!
ぜひ最後までご覧になってみてください!

 

■必要コストと不要コスト

よく資金に余裕がないので無料のもので済ませようとする。
正直言いますと、半分正解で半分不正解!

まずビジネスモデルでいえば、
儲けようと考えるならば、コストを控えるのはOK!

 

初期投資が掛からないもの!
ラーニングコストが掛からないもの!
粗利が高いもの!
決済回収が安定しているもの!

 

ただなんでもかんでもケチっていてはいけない。
例えば飲食店の場合なら、食材に関していうと
賞味期限が切れたものや腐りかけのものは低コストですね。

しかし、提供する料理の品質だったり、
最悪でいえば食中毒に一人でもなってしまえば、
もう二度と営業する事は出来にない世界です!

どの分野においても必要なところには
お金をかけないといけないものがある。

特にネットビジネスにおいては、
レンタルサーバー・ドメインや
メルマガ系の配信サービス、
それを行うためのノウハウ・知識です。

ハッキリ言って月収数百万レベルならば、
毎月数千円程度のラーニングコストで済みます。

そして知識・ノウハウに関しては、
稼ぐ規模や仕組みレベルで違いますが、
継続的に稼ぎ続ける仕組みづくりまでいくなら、
間違いなく30~50万は使うべき!

「え?結構お金いるじゃん」
って思う方はいらっしゃいますか?

いえいえ、
ほかのビジネスをしようと思えばもっと必要です。

 

 

店舗運営だったら店舗費用だけで常に何十万、
人件費で数百万が必要になっていきます。

ネットビジネスでも転売をやる場合だったら
売上げに応じて仕入れ値も増やさないと話になりません。

そう考えるとアフィリエイトや
デジタルコンテンツ販売などは顧客管理や、
相応のアクセス数に合わせたサーバー代くらいです。

そもそもそんな資金に余裕のない人はどうするの?
っと思われるかもしれませんが、
そのための無料でも投資資金に使っていける
ノウハウなんかを無料のメルマガなんかで、
菊田は提供しているわけです。

 

 

基本的にはネットビジネスを活用して
今後稼いでいきたい人や利益を大幅に上げたい人などが、
このメルマガから有料コンテンツを購入してくださいます。

たまに読者の中には、
その時だけちょこっと小遣い稼ぎがしたい人もいます。

そんな方はメルマガのプレゼントを利用すれば、
10万から100万くらいなら稼ぐ事は出来るでしょう!

 

 

そもそもそれが可能なように作っていますし、
菊田も数年前に初心者の頃にやってきた事を
そのままシェアしているだけですからね(^^

ただここから継続的に稼ぎ続けてくれる
システムや仕組みづくりにしようとすると、
もう少し具体的なノウハウに取り組む必要があります。

 

 

現状この記事を書いている菊田が、
こんな高知の片田舎に大阪から移動して
田舎暮らしを満喫しながら企業並みの収入があるのは?

そう!このインターネットを活用した
ビジネスの仕組み化が成り立っているからです!

もしこれが中途半端なノウハウしか持っていなかったら
未だに都心部から動けずにガツガツしていたでしょう!

それがなんでこんな大自然で暮らしているのに
街の企業のコンサルティングや相談役をしているのは
そのカラクリを使用しているだけに過ぎません。

 

単純に知ってるか、知らないかだけです!

 

なんでもケチればイイってもんじゃありません。
何が消費で何が浪費で何が投資なのか?
しっかり自分の中で整理する必要があります。

それを整理出来ている人というのは、
別にお金持ち出なくても余裕が違います。

 

例えばサラリーマンでAさんとBさんがいます。

 

Aさんは月の給与が48万円。
Bさんは月の給与が18万円。

どっちがお金に余裕があるでしょう?

 

普通はAさんと答えるのでは?

 

いいですか?

ココが大きな間違いです!

 

Aさんの方がBさんより30万円も
高い給与をもらっています。

ただBさんの方がお金の使い方を
知ってる場合ならどうなのか?

間違いなくBさんの方が毎月の
お金の余裕があります。

 

 

なぜならAさんは余計な固定費だったり、
無駄な浪費や消費にお金を払って
返っても増えてもこないものに
永遠にお金を使い続けます。

 

しかしBさんは無駄な浪費や消費を改めて、
投資にお金を使うようにします。
逆にAさんよりもラーニングコストがないので
普段のお金の余裕が変わります!

 

その上、どんどんどんどん
投資に回したお金が大きく増えていき
自らに収入が増大していきます。

 

この半年後や一年後、または3年後、
確実にBさんがお金持ちにもなっています。

「は?そんな事あるわけないじゃん!」
っと思われるかもしれませんねwww

 

残念ながらありえます!
それが10年前の菊田だからです。

 

Aさんは菊田の友人の話です。
世間一般の多くは自分の器以上の浪費物を買います。

お金の運用だったり、
会社経営でも息が長い経営者は、
おもしろいほど贅沢をしません。

かの有名のビルゲイツもそうだし、
マクドナルドでも同じことです。

 

たかが数億持った程度で豪遊なんてしません。

 

もちろんメディアのヤラセだったり
ブランディングための演出などはあったりしますが、
それ以外は意外と分相応、いやそれ以下でいます。

 

しかも金持ちでお金の使い方が上手な人ほど、
以外と貧乏生活だったりすらも楽しめる人です!

 

それは何故かというと、
自分の持っているもので満足できるからあり、
他に目的があればそこにフォーカス出来る
思考の余裕と時間、お金の余裕をいつも
確保しようとしている戦略でもあります。

 

それを「断捨離」とも言いますが、
今回の動画や記事の内容を考えて
思考や私生活での断捨離をしてみてはいかがでしょうか?

以上-菊田でした!

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。