先にやられて悔しい人間になれ!ネット起業で多くの生徒を成功させた実績から語る二分化とは?

どうも菊田です。

自分がやってみたかった事や。
欲しがっていたものなんかが、
誰かが先に手に入れていたらどうですか?

良いなぁ~素的だなぁ~
そう思える事はとても大切な事です。

逆に僻(ひが)んでしまっていたらアウト!
僻みや妬みはその人の未来を失速させます。

今までコンサルした企業だったり、
個人の生徒や塾生さんたちと多くかかわっていると、
トップになるべき人と二番手という
縁の下の力持ちに向いている人と別れます。

今回はその事について話していきます。

■先駆者となる人と補佐になる人

先ほど人を称えたり尊重するのは大事で、
僻みや妬みは失速するのでやめるべき話をしました。

ただ妬みや僻みとは逆に、
「くっそぉー自分が先にやりたかったぁ~」
っという悔しいい気持ちはもっと大事です!

あなたは自分がしたかったことを
他の誰かに先にやられていたら悔しい人ですか?

1.トップになる人は悔しい人。

例えば何かの事業をしたとした準備だったり
勉強やリサーチをしていた最中に、
先にその事業を始めた人を見つけると…

「先こされたぁ~やなるなぁ~くっそぉ~」

尊敬の評価をしながら悔しい気持ちもある人は、
事業をしたらトップになるべき人です。

ちなみに菊田は、すげぇ~!さすがや!
いろいろ話を聞きたいなぁ~くやしぃ!
って思うタイプです(^^

2.自分を投影できる人は右腕の人が多い。

 

逆に相手の成功を自分に投影させて、
悔しい気持ちは一切感じないような人は
確実に縁の下の力持ちタイプです。

ちなみに菊田の親友もそのタイプで、
ドラゴンボールの魔人ブウ戦で、
カカロットお前がナンバーワンだ!っという
ベジータみたいな感じです(^^♪

ではビジネス(経営者)をする人はトップなるべき人なのか?

そういわれるとそうでもなく、
ビジネスモデルによってかかわり方が違います。

例えばネットビジネスにおいても
マーケッターやコンテンツホルダーなど、
それぞれに分野が分かれている人もいますよね?

情報販売をする人だったり、
それを仲介販売するアフィリエイターもいます。

産業においてもマーケティングを行う
メインの会社があって、制作や受注をおこなう
下請け会社があったりしますよね?

それはこのタイプ別に分かれると
どこに当てはまるのかが見えてきたと思います。

よく自分はトップに立つようなタイプじゃないので…

っていう人がいます。

そんな人に良く多いのが、
アフィリエイターオンリーの人だったり、
下請け会社やライターさんが多かったりします。

ここでどちらがあなたのタイプなのか?
という問いに対しては
認識しやすい材料になったかと思いますが、
どちらにも必要なスキルというのは存在します!

それはマーケティングスキルは
確実に必要になっていきます。

このノウハウを手に入れていない人は
どのジャンルやモデルをしようとしても
確実に壁にぶちあってしまい、
最悪抜け出せない人も多くありません。

特に今はインターネットでの集客や受注など、
最低限のブランディング手法だったり、
セールススキルをマスターしていないと
仕事すらままならい時代になっています!

それを身につけない限り、
肉体労働しか出来ない人になってしまいます。

もちろん肉体労働がダメだというのではありませんが、
いつまでも無理が出来るって在りえないですよね?

プロスポーツ選手ならせいぜい、
30過ぎるとほぼ引退の年齢です。

数万人に1人の割合で、
たまに長くプレイされているレジェンドはいますが…(笑)

誰もがその「選ばれた人」にはなれませんし、
もちろ起業家としてそれなりに成功している
私ですら凡人中の凡人ですから、
今のネットビジネスのマーケティングを学んで
ホントに人生救われたと思っています。

当時の私もこの話を聞いた時から
数ヵ月で人生と環境がガラっと変わりました。

もしあなたが人生を自由に選べる
lifeコントロールを身につけたいのであれば、
ぜひ菊田ネットビジネス起業塾で、
具体的な方法をすべて学んでいただければと思います!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。