ビジネス系の情報発信していると間違われやすい事

どうも菊田です!
ご存知の方もいるでしょうが僕は主に、
ビジネス系の発進をしています。

そこでよく最初の頃に勘違いされやすい事があって、
ビジネス発信=ただの金儲けの方法と認識されるパターンです。

別にそれが悪いというわけではなく、
副業だったり独立だったり考えたり、
他には資格を取ったはいいけど全く活用してないなど、、

その状態から本質や定義づけが大事な事に気づくには
それなりに時間がかかるのは当たり前かと思います。

よく言われるのが、
起業目的ではないけど○○を作りたいとか、
ビジネスでなくても○○に認められないとか、
言われる方もいらっしゃいます。

もしあなたがビジネスにおいての
考え方やマーケティング知識だったりが、
その目的達成の為に役立たないと思っている場合。

今回の話はとても学びになるかと思います!

■自分のもつ表面的なイメージで認識をやめる。

ビジネスだけでなく様々な分野で活躍できる人は、
ほぼ100%と言っていいほど内面重視です。

例えばネットビジネスなんかで稼げない人の多くは、
表面的な事しか見えてない、見ようとしないので
説明をさせても浅い内容しか喋れません。

行動に対して結果が生まれるのは当然ですが、
その行動に至るまでの思考や選択基準だったり、
目的に応じた戦略が行われています。

一説のコピーライティングにしたって
どのタイミングでどの言葉を選ぶかによって
その瞬間に与える影響だったり、
読みやすい理解しやすい表現を選びます。

そして目的合わせて表現する言葉も型も違います。

単にセールスコピーでも、
物質、技術、情報によって違いまし、
教育系商品でも業界で二分化されます。

例えば数多くプロモーションを仕掛けて
多くの広告費をぶっこんでいるなら、
主催側も広告費以上の売上げを上げる必要があります。

そんな大きなプロモーションに関しては
大きく分けても三つの役割に分けられたりするので
利益の分配にも気を配らないといけません。

そうなると短期的に売り上げが必要になる為、
過大広告ぎみなTVショッピングみたいになります。

しまいにはエグイ営業のグイグイコールまで来ます。

これは菊田の方針ではありますが、
教育系商品に関してはあまりにもエグい
押し売りはナンセンスと考えています。

相手にもう一つ勇気が出ない時なんかは、
少し肩を押してあげるくらいがちょうどいい。

そうでないと教育を受ける側が、
購入してもらってからがスタートなのに
自分で動こうとしない人がゴロゴロ増えるからだ。

これまで数えるだけでも4人買う!と言われても
断った人がいますし、1人は買った後に起こった人です。

それは最初から自分が行動する認識が薄い人と、
端っから他人にやらせようとしてた人です。

コンサルしてます。って人でたまに見るのが、
自分が出来ていない、理解していないのに
教えようとする人です。

○○を教えますとか言いながら○○やってない。とか
菊田からすれば、「業界が汚れるからやめろ!」
って言いたいです。

そもそも菊田はネットビジネスと出会って
ホント人生変わったので心から好きですし、
もっともっと素敵な市場にしたいと思ってます。

そんな目的もあって活動している自分からしたら
たまに本気でつぶしに行こうかと思ってしまいます。

何が言いたいかと言うと、
どんなビジネスでも志をするにしても
世に認められたり、認識してもらったり、
居場所を作ってあげたりするには知恵がいります。

それがもろに技術や思考、戦略、戦術に学びやすのが、
ビジネスにおけるマーケティングだったり、
塾では教えているモデリングクリエイト力です。

普段全体公開で発信してる記事やYouTubeなどで
話をしている内容というのは氷山の一角であっても
普段の生活のなかで活かせるようなものばかりです。

それが本気で具体的なことを学んでしまえば、
恐ろしいくらい活用する事が可能なわけです。

ネットビジネスって聞くとアフィリエイトや
転売や情報販売だったりセミナー講師だったり
ソーシング系だったりを思い浮かべますよね?

たしかに菊田もそちらでも収入を得ていますが、
それだけしかい選択できないは勿体ないです。

菊田塾の塾生さんはそれだけでなく、
様々なジャンルで活用しています。

え?それネットビジネス関係あんの!?

ネットビジネスで稼げます系ばかりのものだけなく、
製造系だったり運搬系だったり、
林業だったり農業だったりサービス系だったり、
ほかにも歌手だったり技術者だったり、
ポスティングの社長だったり
投資家だったりゲーマーだったり、
マンガ家だったりレーサーだったり、
写真家だったり。。。。。。

言い出すとキリがないのですが、
どれも自分が求めている環境を作っています。

住みたい環境だったり、
戦える力をつけて場所を活用したり、
好きなライフスタイルを自由に選択できる幸せ。

そもそもインターネットを使って稼ぐノウハウで、
稼げるようになるというのは当たり前な話で、
どこが稼げるの?って探しているのはナンセンスです!

問題は人生を自由に選べるかどうかだと考えます。

ビジネスなどの情報発信というのは、
その思考の共有だったり居場所の提供だったり
やり方や作り方、そこに至るまでの考え方です。

もし今まで少し違った方向から見ていた方は、
この記事から気づきがあれば幸いです(^^

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。