金持ちになりたいなら「浪費」の考え方から変えろ!

どうも菊田です。

今回の内容は成功するなら浪費を断て!
という内容の話をしていこうと思います。

なぜこんな話をするのかというと、
成功したいとか豊になりたいというのに
浪費ばかりを繰り返している人が多いからです。

もちろんその人の人生目的の為に
支出のバランスがいいのなら問題ないですよ。

ただしそれって本当にバランスいいですか?

例えば菊田の場合の話をすると、
会社員→役員→独立して個人店オーナー、
会社の社長→フリーランス投資家+社長

順々に上がってきているなら
生活レベルももちろん上がると思いませんか?

おそらく一般的にはそう思って当たり前です。

しかし基本成功しようと思って入れば、
特にスタッフに夢を見せてあげるような
組織体でないのなら特に背伸びする必要はありません。

実際、11店舗のグループ会社をしていた頃は、
無理して高い家賃のマンションに住んだりして、

スタッフに
「頑張ればこんなふうになれるぞ!」
という感じにイメージを与えていました。

しかしネットビジネスと出会って、
たった一人でその規模くらいの収入を超えると
それまで自分が持っていたものが不必要になりました。

高級な住まいも必要なければ、
着飾る必要もほとんどない
さらに住む場所や時間の縛りもない。

それ以外はすべて投資目的にしか使わない。

例えば健康に関しては、
自分への投資の為に食事だったり、
リフレッシュできる環境整備。

もし菊田がただの雇われ社員だったら
家を建てたりするのもローンなどを
早い段階から組むようにしたでしょう。

しかし今は家は建てたければ
スグにでも建てられますが、
祖父や祖母が亡くなってからでも
十分問題ないわけです。

その間に建てるようにおいている、
1億円の予備資金を投資で増やしておく。

そちらの方がいいわけです。

もちろん土地はそもそも保有しているので
建物代だけで大丈夫なので、おそらく
2000万もかからないような気がします。

この話を聞いてる人の中で、
「それは金がある人だから言える事」
なんて思ったてりしませんか?

いいえ、これは僕が極貧状態の頃に
当時のメンターから学んで今でも実施してることです。

■とある実業家との対談

当時僕がその方へ質問した時、

——————————


「浪費ってどこまでが浪費でしょうか?」

メンター
「んー今の菊田くんの状態から考えて
おそらく9割以上浪費じゃないかな」


「マジっすか!?会社とかは資産ですよね?」

メンター
「もちろん!ただ少し高いと思う家具を
その日の内に変える余裕ない時のように
家や車、他もろもろの交際費って無駄ですよ」


「え?僕は人は力だと思っているんですが、
人脈や交流も無駄なんでしょうか?」

メンター
「たしかに人は力です。ただ君の人脈や交流は、
そもそも君に利益を生み出してくれるますか?
もし支出の方が上回るようでは浪費といえますよ。」


「んースタッフやお客さんはそうでもないですが、
それ以外の付き合いなんかで出費がかさみますね。」

メンター
「でしょ?私なんかお祝いとかに包んでいっても
自分のお祝いの時には同じ金額とか包んでなかったり、
もはやお祝いされているのに{返し}をしない人までいます。」


「あ!それめちゃくちゃ分かります!」

メンター
「そうだろ?そんな薄情な人と付き合うだけで
どれだけ人生の増えない時間を無駄にして、
どれだけ奪われてしまうか?」


「確かに!」

メンター
「そんなのに使う暇があるなら菊田君は
それでも十分あまるくらいに
豊かになる為の資産となるものへ使うべきじゃない?」


「うわぁーなんか今までの浪費したものが
ホント勿体なく思えてきました…」

メンター
「そう。だから私なんかは無駄に広い家もいらないから
こんなリッチの安いところに住んでいる。だけど
全く不自由はしていない。」

「もし不自由になればすぐに環境をかえればいいし、
それだけの余裕がいつもある状態を保っている。」


「それなら僕も今ネットビジネス頑張ってて、
月に100万は稼げるようになりました。
どこでも稼げるんだったら地元の高知に移動しようかなw」

メンター
「それ最高じゃない!若い時には意外と
無駄な贅沢したくなるもんだけど即決断はすごいね!」


「いえ、、もともと20代の中盤で
かなり贅沢していたんですが、それがキッカケで
色々と大きな失敗してしまって今がありますから。
ただやっぱり僕は自然で広い環境が好きみたいです」

メンター
「それはホント上質な経験値ですよ。
私はそれを50手前で学んだので修正が大変でしたw」

—————————–

こんな会話をしてから
5年前に高知の田舎へ引っ越して
今の環境でノビノビとビジネスしています。

もちろん短期的に大きく稼ごうと思えば、
それなりに経費が必要だったりもします。

それはビジネスの種類からしたら
数千から億のお金が必要だったりします。

ただネットビジネスのスキルさえ身につけてしまえば
ほぼほぼコストも必要なくなります。

僕もそのメンターとの会話の後は、
基本の自己資金が5憶をまず超える状態に
持っていけるように動いています。

今は数億分を運用している状態で、
資産は超えていますが、預金という面では、
まだ確定ではありません。

それ以外の浪費は極力避けるようにしています。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。