フォーカス思考とマルチタスク-成功者はお気に入り以外は執着しない

人によって趣味だとか方針、
他にもこだわりのようなものありますよね?

菊田にももちろんあって、
好きな色は黒、ゴールド、シルバー、白
好きな数字は1、5、7
デザインはごちゃごちゃしてるものと
キャラ物は一切ダメ。

べつに他人に強要するつもりもなければ
違う感性を否定する事もないけど、
自分が選択するものには必ず決まりがあります。

 

例えばその時に手に入らないものがあるなら
妥協する事はないし、
無いならあるもので良かったりします。

よく「お金あるのにそんなんでイイの?」
なんてことあるんですが、
そこにこだわりなんてなかったり、
そもそも自分にはどうでもイイ事がある。

夏なんていつも海パンだけでいたいし、
中途半端になってしまうなら
今あるものを工夫してる方が器用になるし楽しい。

一世紀くらい前からあるような
古くもうはや機能性も利便性もない風習なんかにも
固執することもほとんどない。

むしろ次からはどう工夫した方がとか、
日々の変化を楽しむ方が好きだ。

なぜならそっちの方が
中途半端に思考を使わなくて済むからだ。

例えばお歳暮なんかも
マメにする方もまだ多いと思います。

もちろん会社間でのお世話になってる
業者さんには対応していますが、
個人になってくると数千人とかになってくる。

それをすべて対応しようものなら
数百万は飛んでいく。

それならその費用をもっと
サービスの向上だったり新しい企画などの
投資にする方がいい。

■フォーカス思考とマルチタスク

自分にこだわりがないと、
結局のところ時間や労力やお金が
圧倒的に浪費に傾いてしまいます。

菊田がビジネスをやる際にも
ギターやMTR(音楽トラック編集録音するもの)
などの断って取り組みました。

そもそも誰に言われたわけでなく、
自分への約束や決め事なんです。

意外と人間のほとんどは
マルチタスクなので同時に色々考えて
同時にいろいろな事が出来ます。

それは普段の生活では大事な能力ですが、
何かに集中しないといけない時は
一番の邪魔ものでもあります。

よく成功者とかある種の天才と言われる人は、
逆にマルチタスクに考えられないような
すこし病的な人が多かったります。

逆に言えば、

僕らのような凡人は
自分のコントロールで
その状態に持っていけるようにすればいい。

何が言いたいかと言うと、
自分のこだわりや決め事は大事するといい。

フォーカス思考とマルチタスク、
両方必要だけどコントロールが出来れば無敵!

その際にこだわりだったり
決め事だったりは意外に有効に使える話でした。

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

1 個のコメント

  • 初めまして♪(友達っぽぃ挨拶ですが^^;)目に入る機会があれば、いつも気にして読んでいます。年齢がお若いのにも関わらず、縛られていない考えに共感させられるものが多いです。10年後の菊田さん、どんな風になられているかとても楽しみです♪

    頑張ってくださいね。海が綺麗な場所に住まわれてていいなぁって思います。
    音楽の項目によくいらっしゃってましたよね?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。