努力すればイイってもんじゃない!成功のコツは思考の見直し!?

どうも菊田です。

世の中、特に日本では努力すれば報われる
的なニュアンスが評価される傾向がありますが、
実際のところ結果がなければ意味がありませんよね?

例えばスポーツのクラブに所属していて
誰よりも練習を頑張っているからと言って、
勝負が掛っている試合のスタメンに選ばれるのか?

在りえませんよね?

学生だと上級生が選ばれることもありますが、
それってクラブで練習しているのは皆同じなので
結果が伴わないと皆の努力は報われないです。

ネットビジネスでもリアルのビジネスでも
その辺は同という事です。

例えばブログ系のアフィリエイトなら
毎日いくつも記事を更新して
それを何年続けようとしても稼げません。

そもそも稼げないという成果が上がらない現状に
数ヵ月も人間耐えれるものでもないです。

大事なのは、

何を考えてその行動をするのか?という事です。

先に言っておきますが、
今回の話は努力の否定ではなく、

努力するなら勿体ない使い方をやめて
効率よく結果にコミットする内容です。

目的に向かって努力する方へ向けた
記事なのでぜひ最後までご覧ください。

例えばYouTubeの動画をアップするにしても、
誰に向けて、どんな状況で、そんな目的で、
どういった時に見てもらうと喜ばれるか?などです。

単純いYouTuberになりたいと思えば、
まずは【急上昇キーワード】などで
今話題になっている動画ネタをする。

あなたが好きが嫌いかは関係なく、
単純い伸びているトレンドに乗っかっる!

専門の情報発信をしたい場合だと
これが全く変わってきます。

特にコアなジャンルになっていけば
再生回数はほぼ伸びないので、
ユーザーに最初のきっかけにしたい動画や、
チャンネル紹介動画に広告をかけたりします。

ただ無駄に情報発信をするのではなく、
何を考えて情報発信するのか?ってことです。

野球のバッティングだって
ただ100回素振りするだけの人、
フォームをチェックして100回する人、
試合場面や相手をイメージして30回する人なら

後者に行けばいくほど
圧倒的に結果や成果が上がっていきます。

よく上手くいかない人に限って
魔法のような手法だったりノウハウ、
道具(ツール)があると思って探求します。

しかし最も重要視するべきは
そこにある考え方です。

 

あなたはラーメン屋とか行きますか?

もしこれがラーメン屋なら、
どこのお店を同じようなノウハウと
調理器具(ツール)を使っていますが、
味は全く違いますよね?

そこには作りてやオーナーの
「考え方」で全く方向性が変わってるんです。

それはお金の知識や考え方、
ビジネスにおける知識や考え方、
生き方における知識や考え方。

それこそが本質的で濃厚な情報です。

もしあなたが努力をしてても
今まで結果がともなわないとか、

表明的なことばかりに目を奪われて
本質的で濃厚な情報を見逃してたとか、

むしろ今回の内容で本当に価値がある
情報というものが理解出来たかも!っと
少しでも感じくれたのであれば
今までの行動選択を見直してみてはいかがでしょうか?

以上-菊田でした(^^)

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。