【一文惜しみの百知らず】人生の勝ち組になる方法!?

あなたはことわざで
「一文惜しみの百知らず」を知ってますか?

意味は目先のことに心奪われて、
後で大損することに気づかないことのたとえです。

詳しく言えば、

一文ほどのわずかなお金を惜しんだばかりに
後で百文もの大損をする愚かさをいった言葉です。

世の中の多くがこの
「一文」を惜しむ人であふれています。

これからお金持ちになりたいとか
目的や目標を達成したいとか、
これから人生を豊かにしたい!

そう考えるのは皆さん同じですよね?

ただし!

この一文惜しみの百知らずのままだと
劇的な変化や成長といのは起こりません。

上手くいく人やお金持ち、
成功する人や充実している人というのは
一文を自分へ惜しまず注ぎ込みます。

とはいえ、ただただ金も時間も使いまくれ!
と言ってるんじゃないですよ?

これから何かを始めたり、
自分の求める豊かな人生のために
必要な自己投資を惜しむなという事です。

これが何でもかんでも使いまくってたら
ただの「事故投資」という浪費なので
そこは勘違いしないように(^^)

各業種ジャンルで成功している人といのは
その中でも「知識」にお金を使っています。

それは本であったり学校であったり、
デジタルコンテンツだったり、
それに精通している人物に会いに行ったりです。

菊田も普段から心掛けているのが
そういった知識投資には惜しまない事です。

ビジネスだろうと投資だろうと
ゲームだろうと情報量が多い方が勝ちます。

そして情報が多い人ほど不安が少ないですし、
道を知っていれば迷う事もないですよね?

菊田は高所恐怖症ではないですが、
長時間高いところにいるのはダメなので
高層マンションとか屋上プールとか、
観覧車なんかが偉く苦手です(^^;

20代中盤まではクロムハーツだとか
ギラギラしたものが好きでしたが、
最近は無地で着心地がイイものを好みます。

普段は晩酌もしなければ
飲みの場でも豪遊することもないです。

ギャンブルなんてもちろんしなくて
むしろするならギャンブルを提供する側になります。

掃除なんかも体をリフレッシュするにもいいですし、
脳のリフレッシュには創作料理なんてのもして
普段からお金も使いません。

使うと言えば
会食だったり広告費だったり
知識などへの投資くらいです。

ほぼ年間で使うお金や時間で
圧倒的にしようしているのがその部分です。

世界的投資家なんかのウォーレン・バフェットなんかも
一日の起きている8割を本に費やすほどです。

確かに8割が本はよっぽど好きでないと
つまらなそうですがね(笑)

しかしどんな形態でも、
例えば人と会って話をして情報交換だったり、
本を読んだりセミナーに参加したり、
習ったことのない講習を受けてみたり

常に脳内アップデートは欠かさすしてると
それがアイディアだったり時短にもつながりますよね?

この前、淡路島にあるとある場所で
香水作りを体験したのですが、
かなり勉強になったし楽しみました。

そもそもどういう構成で香水がつくられるとか、
普段の生活の中では決して知る事はありませんよね?

頭の中もスッキリしましたし、
それぞれの香りや要素には意味があったりと
モノづくりやビジネスモデルづくりにも
刺激を受けることとなりました。

まったく違うジャンルとおもっていたものも
かならず何かの知識財産となって活用できることや
それが何よりも価値がある事を知る事によって

今回話をしていることわざ、
「一文惜しみの百知らず」を思い出して
今回の記事を書かせていただきました。

あなたの心が選んだものや、
目指している環境や目標に
一文惜しみがあるのであれば
今日から変えてみてはいかがでしょうか?

以上-菊田でした。

公式メルマガではこういったビジネス思考だったり
成功者のセルフイメージ、マインドを提供したり、
ビジネスモデルでいえばネットビジネスを活用した
稼ぎ方などを提供しています。

登録と期間限定プレゼントは無料です!
ぜひこの機会に受けってみてはいかがでしょうか?

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。