無知の知(むちのち)の意味と成功法則┃マインドセット

一般の方(特に日本人)というのは、
自分が知らない事が恥ずかしく感じる人が多いです。

それは同じような感覚や思考の人達に囲また環境なら
自然と引っ込み事案になったり嘘つきになったりします。

いざ全体を通して見てみると
とてもくだらない風習や感覚だと思いますよね?

そう成功するうえでこのマインドのままでは
絶対に成功出来ないんです。

もしあなたが自分自身も関わる周りの人脈も
そんな方との交流があるなら辞めるべきです!

「無知の知」という考え方があります。

意味は自分が知らない「無知」であることを
自覚「知る」ということが真に認識に至るいう考えです。

この言葉は古代ギリシャの哲学者の
ソクラテスが論理学、認識論をふまえといた言葉です。

そもそも人は知らないことの方がほとんどで、
知らないことが当たり前であり、
知らないからこそ素直に学び得ることが出来るんです。

それを知らない事がはずかしいとか、
考えることがそもそも理にかなっていて
知らないことを笑う者や批判する者ほど無知です。

成功者なる方は全員といっていいほど、
学びに対して愚直で素直です。


もしあなたがこれまで学びが薄いと感じてるなら
ぜひ「無知の知」を意識して
物事や人へ素直に向き合ってみて下さい。

自ずと学びは深く吸収されていき、
あなたの成功の妨害となる人とは
距離を置くようになっていきます。

逆にあなたのまわりには
あなたと相手に有益な人物ばかりが残ります。

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。