当てはまる人はヤバイ⁉「上手くいかない人はナゼ自分が上手くいかないか知らない。」

どうも菊田です。

僕のコンテンツを購入してくれた方から
こんなメッセを頂くとホント幸せですし、
頑張ってきてよかったなぁ~っとつくづく思います(^^

 

それはとは逆に今回は、

どぎつい内容かと思いますが、
もし当てはまる人がいればヤバイ内容なので
ぜひご覧になってくだされば幸いです(^^)

YouTubeLiveなどをした後から、
「○○の内容とか聞きたかったなぁ」っていう人がたまにいます。
それならチャットやコメントを入れればいいんですし、
前もって聞きたい内容などを受取れるようにしているので
フォームなどに入れておくといいんです。

ですが上手くいかない人はそれをしない。

それぞれが目的や楽しみで情報発信をする中、
例えばSNSなんかのフォローでもたまにあることがあって
フォローされたから相互フォロー(フォロバ)したら
急にフォローを消されたので「あれ?」っと思い、
フォローを解除したら…

その後の投稿のコメント欄に
「フォロー解除ありがとうございます(変な絵文字)」
というのも見かけます。

そりゃ元々有名で芸能人とか著名人、
テレビなどのマスメディアなどにもよく出る方なら
フォローワーが10万人とか数日でいきますし、
多いですべて確認できないです。

ただフォローしてきてフォローを自分が解除して
その後解除されて嫌味までしてくる人へ、
果たしてファンが多くできるでしょうか?

答えはNOです。
ですが上手くいかない人はそれに気づいていない。

質問や相談にもいろいろなタイプがありますが、
最も最悪なのが、

後付けだけで何もしなかったタイプです。

例えばある分野のノウハウやツールなど購入、
または参加した時にサポートも充実している場合、
最初はバンバン使い倒せばいいと思います。

僕の経験上で最もひどかったのが、

「○○をしてみましたが出来ないままでした。
 ○○も試してみましたが○○が変わったみたいです。
 ○○が動かなくなったので動かせていません。」

こういった相談ではなく、報告が来たら
「そうですが、それでどうされました?」
なんですよね。

要は「その報告は分かったから、
あなたはそれをどう解決したいのか?
何か対策方法があるのか聞きたいのか?
それともただの報告だけなのか?」

それがハッキリしていないんです。

むしろその問題が起こったときや、
出来なかった時に連絡して相談してくればいいんですが、
上手くいかない人はそこに気づいていない人が多い。

 

結果が出てない人というのは
まわりにどんな影響があるのか把握してない、
もちろんプラスとマイナスはどれにでも存在するが、
成功者は必ずマイナスも受け入れて行動しています。

シンプルな話、
成功したいお金持ちになりたいという人が、
一般的な思考や視点、習慣で成功するのは絶対に無理です。

一般的に多少上手くいく人は
常識レベルまでそれをやります。

しかし成功者や金持ちになる人は、
常識以上のことをします。

そこには必ず徹底的に練られた計画や企画、
確信をもった思考の上で実行しています。

なんとなく上手くいっているという事はなく、
必ず再現性をもって取り組んでいます。

そういったところでマイナスになる部分もふくめ
理解して受け入れたうえで行っているんです。

何が言いたいのかというと、
しっかり自分を見つめて常識以上をするのが
上手くいく秘訣だという事でした。

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。