知覚動考(ちかくどうこう)の意味と成功法則┃マインドセット

よく何か計画したり思いついても
それが結果として出ない方が多いです。

しかし成功者になるには
この計画してから結果となるまでの
「考え方」がとても重要であると認識しています。

あなたは知覚動考という言葉を知っていますか?

これは字のごとく、「知って」「覚えて」
「動き」「考える」という意味です。

これはごく当たり前のように思えますが、
多くの一般の方は「知って」「覚えて」
「悩む」か「迷う」という流れを行きます。

成功者や目的や目標を達成する人は、
この「動き」の後に結果というデータが取れるのを
心から理解しています。

その結果が失敗しても
必ずそこから修正するための
選択が広がることを知ってるんです。

時間は刻一刻と水のように流れていて、
同じ時間や環境というのは一切ありません。

常に動き続けているので
行動を起こして微調整を繰り返して
しっかりと当てはまるようになれば
大きな結果となります。

その際にただ時間を無意味につぶすという
「悩む」「迷う」行為に価値がない事に気づくと
率先的に多くの結果を出せます。

結果というデータが増えれば
それだけ再現性の高い計画と行動がとれます。

あなたが今回の【知覚動考】を意識しながら
今後のビジネス活動や生き方に取り入れれば
きっと結果に差が生まれてきます!

ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。