子供でも出来てしまう行動力が飛躍するタスク管理「紙とペン」の成功法則

どんなに高機能なツールをもとうと、
どんなに有益な情報をもっていようと、
どんなに高度なスキルをもっていようと、

それを活かせなければ全くの価値を生み出しません。
価値を生み出せないという事はつまり、
富を生み出すことは出来ないという事です。

そして多くの志や夢を持つ方達との
相談やコンサルを行って生きた菊田からすると、
「勿体ない」という人達ばかりです。

せっかくの物語を持っている方、
培った能力が高いのに評価されていない方、
行動力に溢れているのに環境が原因で
まったく身動きを取らせてもらえない方など

言い出したらキリがないほど
勿体ない人材ばかりを目にします。

他はどうか知りませんが、
菊田に興味を持つ方や行為を持つ方は、
そんな方ばかりが集まっている気がします。

「類は友を呼ぶ」と言いますが、
菊田も関わるべき人や学ぶべき人、
または入った環境(会社組織・親族的な付き合い)などで
積極的に力を発揮できない時期もありました。

その時期の自分は何が原因なのかがハッキリせず、
無駄に浪費を繰り返したりすることもありました。

そんな時に色々とあがいて情報を探したりしてた頃、
とてもシンプルな思考法を学びました。

それが目的の具体性を上げる!という事です。

どんな知識やスキル、道具をもっていても
それを使う側の本人が目的を見失うと
そもそも他に流されてしまったりして
「具体的な行動」に移せないものです。

その具体性を高めるためにはどうすればいいのか?

それはとても簡単で「数字」をつけるという事です!
とても簡単なことなのですが、
簡単な分だけ習慣にする必要性があります。

世の成功者や短期間で多くのタスクをこなす人は、
意外にこの数字を利用しています。

例えばスマホや手帳などの
タスクマネジメントをする。

簡単に言えば【時間割をつくる】だけです。

この時間割というのは不思議で、
小学生でさえも時間割が教室の教壇の前にあると、
「次は○○の時間だから○○を用意しよう」
という思考が自然に生まれてくるんです。

あなたが会社員であれば
その日の業務工程だったり、
ノルマだったり最低限の仕事量があるはず。

それはどうしてこなせているのでしょうか?

指示されているからですか?
それとも確固たる意志でやっているのですか?
単純に時間内にやればお給料が入るからですか?

少なからずそれはあったとしても
そこまで時間を拘束されて出来るものでしょうか?

それだったらネットビジネスで仕組みを創るのも
それだけで十分行動に移せるはずですよね?

むしろビジネスで稼ぐ金額というのは、
会社員の比ではありません。

ではなぜなのか?
そう時間割というタスクです。

成功哲学や自己啓発でもよくある、
「紙とペン」の成功法則というものがあります。

ぜひあなたのその日のタスク管理、
目標や今後やりたくない事とやりたい事などを
数字を活用して明確にして記載する習慣をつけて下さい。

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。