成功者ほど、あるものを最大限に活用している。

Sponsored Link


最近はキャンプ動画『KIKUDA-Camp』を
ちょこちょこ配信している菊田です。

昨日は昼までに仕事を終えてDIYをしようとしたら
両親がのんびりしていたので嫁と4人で
僕の事務所の駐車場で焚き火を囲んでBBQをしました。

『いやぁ~最高にいい夜になりました(^^♪』

事務所の一画には姉が地元を離れてから植えた木があり、
それがかなり大きくなっているのでランタンを掛けてます。

そこで焚き火の焚きつけだったり置き火までの管理、
調理の際の火力の調整などなど

色々やる事が多くて
薪の感想度合いだったり、風向きだったり、
薪の積み方で煙や炎の調整を考えながら工夫する。

まぁそれが楽しいんです(^^

そしてここからが今回の記事の本題です。

成功者ほど、自分にあるものを最大限に活用している。
ということなんですね。

例えば世の中で貧乏だったり不幸せな人というのは、
『金さえあれば私でも成功できるのに』とか、
『才能があれば~』『身長があれば~』『誰々が~』
『出身地が~』『家族が~』『容姿が~』『年齢が~』

と、ものがあれば成功すると考えています。

ハッキリ言えば、こんな思考のままだと、
何を所有しても成功しないし幸せにはなれません。

それだったらスマートフォンが普及している中で、
最新のデーター容量の多い機種をもっていれば
金持ちにも幸せにもなるのか?
と言われればどうでしょうか?

まったく違いますよね?

要はものの考え方というマインドが大事ですし、
テクニック技術、道具は使い手で決まります。

いくら良いもの持っていてもケアが出来ない人は、
すぐに買い替えが必要になって浪費が増えます。

大きなローン(借金)をした財産を、
投資運用して資産化しない人はさらに浪費します。

家族が多い方なら祖父祖母が亡くなったり、
親が亡くなればその家族が持っている財産を
亡くなってから受け取る場合にもコストが掛かるし、
それを所有し続けるにもコストがかかります。

家や土地なんかがその代表的なものではりますね。

明治大正昭和の世代から所有している土地や家や墓、
知らん顔していると全てしょい込む羽目になります。

大体一般の方の認識は家は財産であり資産になるというけど、
それは資産として運用している人が言う事です。

例えば3000万から8000万の家やマンションを
賃貸などで貸出て毎月収入が入るものならいいですし、
必要であれば5年~10年内で大きく売買する形ならいい。

しかし大半は自分達が住んでローンを払い続けて
払い終わる手前や終わった頃に価値がないものになり、
逆に自分で解体費や相続費を他に負担させる始末が9割。

金持ちや経済的成功者が絶対にしない行為です。

特に今の時代はインターネットビジネスを活かせば
どこでも仕事が出来る時代ですし、
住む場所は状況によって好きに変えられる自由度がある方がいい。

僕のネットビジネスの起業塾の塾生たちは、
月に200万から3000万稼ぐ人達がゴロゴロいますが、
無駄な浪費になるようなことはしていないです。

しかしそれは節約して我慢しているのではなく、
必要じゃないだけなんですよね。

この記事を読んでいる方がまだ20代そこらの方なら、
もちろん高級な生活もしてもイイと思うし、
バックパッカーで旅をしてもイイと思う。

自分が体験できる限界上限と下限を観てほしいし、
経験値として蓄えて自分の好きなラインを探してほしい。

上限ラインが高い人であれば
やり方ややる事は塾で教えている基本同じですが、
それなりの規模のビジネスや投資をする必要があります。

それを考えてあなたのライフマネジメントして
あなたのパーソナルを充実させてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。