キャンプについてネットリサーチを観てみた思ったこと。過去のデータと現状と現場

Sponsored Link


最近はビジネスの情報発信よりも
キャンプの発信が多い菊田です。

ここで気になったのが、
2017年の10月末に調査されたアンケート結果。

多分今はまた内容に大きな変化があると思いますが、
そのデータ結果に対しておもった事がある。

・キャンプに多くいくのは30代男性!
これは確かに多いのかもしれません、
実際に30代層はベイビーブーム時期の世代で、
さらには子供時代に家族キャンプブームもあった。

当時は自分のスタイルで出来なかった子供が、
大人になってやってみると自由度の高さや、
『飽きの来ない遊び』にフラットに戻れるのかもw

・年に4回以上キャンプを行う人でも
4割近くがテントをレンタルしてるという結果。

キャンプをする人は多くてもテントを保有してるのは少ない。
これは最近は違うような気もしますね。

今どきはソロキャンプや夫婦キャンプが増えてますし、
そもそも大家族のような大きなテントは費用も掛かるし、
収納、設営、撤収に時間がかかる。

確かにアウトドアにきたけれど、
テントの中で引きこもる人もいるにはいる。

菊田的には『テントにこもるなら部屋でいいじゃん』
ってなってしまいますが、それも人のスタイルの自由かなw

・キャンプ未経験の理由がなんと!?
キャンプに行ったことがない人の理由に多かったのが、
『キャンプに興味がないから(60.6%)』
『キャンプ道具を持っていないから(18.1%)』
『友人や家族にキャンプを行う人がいないから(22.1%)』
『キャンプに関する知識がないから(18.1%)』

今や完全な情報化社会であって
ネットを活用すれば都心と地方の違いはない。

なので知識がないというのはネットから情報を吸えば
もはや関係ないといえる。

ここらへんは何となく納得なんですが、
少し気になったのが次のアンケート結果です。

・年に4回以上キャンプをする方が、最もキャンプでやりたくない
つたいのは…「テントやタープなどの設営(32.6%)」

これは僕は一言物申したい!
『手間がかかり過ぎるテントを買うからでしょw』っと(笑)

いやね、僕もわかるんですよ。
最初のテント設営とか大変だけと楽しいんですよ。

新鮮だったりするし、新しいテントとかなら
右往左往するのも楽しみの一つでもある。

しかしキャンプに慣れてきて
『野を楽しむ』ようになってくると
その時間や手間、労力がもったいなくなるんです。

菊田も小さい頃なんかは親父が家族用のでかいテント。
それを家族で姉弟で友達とで設営するのは楽しいですが、
頻繁にキャンプで野遊びするのには不向きなんです。

それからポールテントだったりワンタッチテント、
今の段階では結局荷物も少なくて済んむ
『ハンモック泊』がメインになっています。

設営が大変というタイプの人は、
自分のスタイルを確立できればいいのかと思う。

もちろん設営するが楽しいって人もいる。
タープ泊やハンモック泊なんかは、
決まった貼り方というものがそもそもない。

なので設営地の地形や風向などの環境状況に合わせて
その都度、形が変得る必要があるのが面白い!

例えていうなら同じ部屋に住んでいて
模様替えしたりしますよね?

しかし家具も形も景色も同じなら
いくら模様替えしていても
レパートリーに限界があります。

そのマンネリがないのが
タープ泊やハンモックは楽しいのかもしれない。

今回のデータや他の細かいデータはこちらのサイトから
参照&詳細があります。
→ https://www.research-plus.net/html/investigation/report/index120.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。