【真冬のハンモック泊】焚き火で飯盒炊飯~ラーメン鍋と焼き芋で氷点下でも温かキャンプ

Sponsored Link


どうもArioseConsulting代表の菊田です。

 

2021年1月9日に高知県幡多郡三原村にある『三原キャンプ場』へ
大寒波の時期の状況を下見に来たのですが、テンションが上がってしまい
そのままキャンプを決行していまった時の映像です。

この日も真冬の氷点下での雪中キャンプになる恐れがあったので、
ハンモックにアンダーブランケットと4×3タープを

Aフレームのフルクローズ、起きてる間はサイトのサイドを

跳ね上げてクロスレイド張りにして後、横からの冷たい風から守られながら、
石と薪を囲ってファイヤーリフレクターをブッシュクラフトして
無骨で男前なキャンプ道具の中の道具…

 

『戦闘飯盒』を使って、
焚火飯&焼き芋でほくほくハンモック泊を味わいます。

 

焚付けは久しぶりに火打ち鉦で河原で散策して見つけた火打ち石での着火です。

 

動画的に普通にキャンプしてるだけなので
ゆるキャン△ですが(笑)楽しんで頂ければ幸いです。

 

 

🔽KIKUDA-CAMPサイト ⇒ https://camp-k.jimdofree.com/

 KIKUDA-CAMP-SHOPhttps://hatacamp.designstore.jp/

🔽KIKUDAブッシュクラフト主な装備🔽

↓  ↓  ↓

https://ariosenet.info/2020/06/28/kikuda-camp

 

キャンプでも特にブッシュクラフトを楽しむ傾向にあるのですが、
今回のタープの設営時においても、設営中は風速5mほどの風が吹き、
雪も交じっての吹雪状態でした。

 

常時吹く風も北西からと北からの風が吹いていたので
風上に背中に向ける方向へタープを設置して、
サイドからはいる風をクローズ状態にしての設営でした。

高知キャンプユーチューバーである「はた☆キャンプ」の
TAISHIは隣に設営しようとして北西からの風が入る状態になり
この日は少し寒かったようです。

菊田の場合、その風を完全にシャットアウトしてる状態なので
タープ内に入った途端に温かい状態。

更には軽く掘った地面に直火での焚き火なので、
焚き火台を使用した時に比べ足元が温まる状態になり、
動画では夜は氷点下でしたが体感は温かかったです。

 

タープ1つで色々な張り方がありますが、
ただ張るだけでなく、風の向き、地面の状態、
防風林があるかないか、雨や雪が降るか、暑いか寒いかによって
形を変えることが出来るので1つのタープで色々なテントを持っている感覚。

これがキャンプ場や野営地においても同じことが言えて、
木材というものでも変わっていきます。

 

例えば杉や松のような針葉樹が多い場所や
逆に今回の私が良く利用する三原キャンプ場のように
広葉樹が多いキャンプ場などにはクラフトする内容も変わってきますし、
焚き火に関しても針葉樹の薪が多い場合には温度は上がりやすいですが、
焚き火が持続しにくいという特性と焚き火中に火の粉が飛びやすい傾向があります。

 

それによって僕や芸人のヒロシさんのように
ハンモックに座りながら、ハンモックの近くで焚き火するタイプは、
出来るだけ針葉樹は焚付けくらいにしか使わずメインは広葉樹を使います。

 

そうしないと針葉樹での飛び散りやすい火の粉で
ハンモックやタープに穴が開くようになっちゃいますからね。

 

ですが、キャンプ道具というのは消耗品なので
いつでも買い直せる金額のものを使いますので
あまり気にする必要もないんですけどね(笑)

 

今回使ったのはハンモック用のループが19個ついている
タープを利用してフルクローズしやすいものですが、
他にループが少ないタープでも丸い小石だったり、
パラコードで括り付ければループは増やせるので
同じように4×3タープを持ってる方へぜひこの形で
冬キャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

背も高くなく風対策もしっかり出来たこの形でしたら
大き目のテントを使うよりもはるかに暖かく過ごすことが出来ます。

暖房器具を大量にもっていて設営撤収ごときに
時間の無駄にすることがなくなるのでお勧めです。

まさにビジネスと同じで環境や市場に合わせて
創意工夫して適応する能力が養えるキャンプって
奥が深くて飽きがこないので最高楽しいものですね。

 

以上-菊田でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。