キャンプ行きたいのに行きにくくなってた~キャンプ動画を撮影してたら思う事。

Sponsored Link


どうもArioseConsulting代表の菊田です。

どんな情報発信でもYouTubeを上げるにしても
ビジネスで商品を出すにしても、

 

『行き詰る事もある!』

 

ここ1年はビジネスでのマインドセットや、
マーケティングの話ではなくキャンプの動画を多く出してました。

キャンプ系のYouTube動画をアップする目的は、
もともとネットビジネスをメインに稼ぎ方を教えてるのは
どこで住んでいても、何をしててもお金が稼げる。

つまりは好きな場所で住んで、
好きなことを仕事に出来るという経済的、時間的、
精神的な自由なライフワークスタイルを提供する為です。

 

そして同じようにビジネス系の情報発信や
コンテンツ販売をしてる人との差別化として
菊田はネットビジネスやITフリーランス、
Webマーケティングの経営者として、
『田舎暮らし大好き』という性格です。

 

これはキャラづくりとかではなく、
本当に田舎暮らしに関して遊びや、
景観とストレスフリーな空気間。。。

 

もちろん、ただ昔のような働き方だけであれば
田舎と都会あるあるようなことがありますが、
働き方が変わる事によってかかわり方も変わるので
そんな時に田舎暮らしだと更にストレスフリーなわけです。

 

そんなところで菊田が絶賛している『良さ』を
アプローチする為にも僕自身も田舎でネットビジネスで
都会に住む小企業と変わらないほどの収益をだし、
運用に至ってはさらに大きな実績を上げています。

 

しかしそれだけだと『お金の稼ぎ方』や
『お金の増やし方』ばかりが先に出過ぎて
個人的にもつまらなく感じちゃうわけですよね。

 

そこで僕自身が好きな田舎遊びの中でも一番と言える
『野遊び』を通して働き方だけでなく、
都会暮らしの人達には経験が薄い田舎の『楽しみ方』を
もっともアプローチ出来たら楽しいなと思ったわけです。

 

そこで始めたのがよく行くソロキャンプをたまに撮影して
YouTubeで見てもらって働き方や暮らし方をもっと
開拓してもらえたらいいなぁ~って感じでやってました。

 

そして今回の記事の本題になるのですが…
(本題まで長っ!(笑))

■仕事や遊びで行き詰りを感じた時すべき事。

 

僕自身、キャンプは猛烈に好きですが、
最高に楽しむなら最高の仕事をある程度終えてからじゃないと
気持よくキャンプ出来ないんですよね。

 

更に言えば、
僕はよく最低2泊3日のキャンプをするのですが、
折角の2泊3日なので1日目などはYouTubeを撮りたいわけです。

 

そこで十分な動画の素材を撮る事が出来れば
2日目のキャンプは更に最高に楽しむ事が出来ます。

 

しかし、ほかのキャンプ系ユーチューバーさん達をみても
たいして面白くもないですし、マネしたいなぁ~ってもなりません。

 

キャンプギアを買えば使いたくなって行きたくもなりますが、
正直、その程度の楽しみ程度では「働き方と生き方」をテーマの僕には
そんなレビュー系の動画では僕自身物足りないわけです。

 

だったら他の人達がしていないキャンプスタイルだったり
タープの張り方をして景観や季節にマッチングした
ビジュアルのキャンプを撮ったりしたいのですが、

 

まぁ~検索しても検索しても
どいつもこいつも誰かのものまねだったり
オリジナリティーが無かったりとつまらない。

 

海外のユーチューバーも調べてみますが、
むしろ僕の方がオリジナルを出している状態なので
せっかくキャンプに行きたくても撮りたい画がないと
勿体なく感じてたんですよね。

 

最近キャンプ動画を出しても
あまり力が入っていないと感じるユーザーも多いと思います。

 

そのとおり!力が入っていませんでした。

 

そんな中、ソロキャンプ仲間でもあり、
キャンプ系ユーチューバーの『はた☆キャンプ』リーダータイシが、
野営地探しのドライブに行こうと誘ってくれて
本日、とある場所を散策してきました。

 

すると…

 

 

ありました!!!

しかもグーグルマップでは1つのキャンプ場へ向かったのですが、
その間に野営地を3つも見つけていまいました。

 

そして我々しか知らない野営の多くは秋や冬がメインの場所で
この暖かくなって虫や草が多くなり、
気温も上昇して暑苦しい季節に行く場所は少なった現状で、
オールシーズン快適にブッシュクラフトもし放題で
『ビジュアルもたまらん』場所を発見しました!

 

次回動画をアップするのが楽しみで仕方ありません!

 

ここで今回の教訓!!


【行き詰りを感じたらいつもと違う道や時間を生きてみよ!】

 

という事です。
これを読んでくれてるあなたにありがとう。
ドライブに誘ってくれたタイシありがとう。
身近にそんな出会いや環境を与えてくれた自然にありがとう。

 

以上-菊田でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。