オンラインサロンってもうオワコン!?

Sponsored Link


どうもArioseConsulting代表の菊田です。

あなたはオンラインサロンに興味がありますか?
この記事を書いてる僕もオンラインサロンだけじゃなく、
オンラインスクールやクラウドソーシングなどの
会員制のクローズドスペースを利用しています。

そこだと無料では絶対に得られない情報や人脈、
人生の主観そのものを変えるような出会いがあるからです。

それを活かすも殺すも自分次第なのは、
どの物事に関してもそれは言える事なんですが(笑)

確かに今現在は多種多様なオンラインサロンがあり、
利用の仕方もサロン会員の次第ということで、
ちょっとしたサークルにいるような感覚ですね。

ビジネスに関しては会食やパーティー、
レクリエーション活動などでの情報交流、
コンサルタントへのアドバイス契約などのを利用し、
さまざまな打開点を見つけていくのに近いですね。

 

インプットの情報の濃さ、純度の順番で言えば、
一番はコンサルティング、経営者同士の交流、
スクール、社外交流、オンラインサロン、メルマガ
ネットサーフィンという個人的な肌感覚があります。

 

情報純度の差はそのまま規模スタンスにおける
それを利用する方の時間短縮に直結するものなので
ここの選別を認識しておくことはとても重要と思います。

◆オンラインサロンの有用性について

とはいえ、オンラインサロンの有用性に関しては言えば、
間違いなく有用性が高く活用側と運営側の工夫次第では、
かなり大きなプラットフォームになると思います。

ではすべてのオンラインサロンがその有用性と
可能性があるかといわれるとそうではなく、
ジャンル次第にも少なからず影響はあるとは思いますが、
それが全てかと言われればそうではありません。

どの市場でも同じ事がいえますが、
その新たなマーケットが広がっていく背景には、
競争が生まれるということになりますが、
その後すぐに圧倒的に増えすぎたものは、
最適数に統率またはカテゴライズされていきます。

 

例えば決済サービス市場においても
暗号通貨市場においてもいろいろな種類が出てきても、
残るのはそこから独自性や創意工夫を続けて
一貫性を保ちながら継続力が高いものです。

これが国や世界の歴史を見てみると面白くて
国名や領土が変わりやすい国とそうでない国では、
国の戦略方法や方針に違いがあるんですよね。

例えば中国大陸になってくれば、
一気通貫型といえるタイプにみえますよね?

ここだ!と思うところがあれば、
他を犠牲にしてでも他が穴だらけでも
そこに自分のキャパシティー以上を注ぎ込むイメージです。

では日本の場合ならば、
基本的な基盤や基礎というものからまず腰を入れて、
そこから余力のある体力から分野ごとに優先度を決め
確実に取得していくという戦略イメージです。

これが世界の国歴史をたどっていけば数百年単位ではあるのですが、
一部のマーケットだけで客観視した際には、
今の情報化社会においては数ヵ月単位で動きます。

多種多様のオンラインサロンがある中での、
有用性と可能性を引き出すのは
運営者の有用性と可能性がある偏りがない人物と、
利用者側の活用水準の向上と理解が上がれば、
かなりヤバいプラットフォームだと言えるでしょう。

 

◆ではどんなオンラインサロンが選ぶべきなのか?

ではここで皆さんが求めてくるのは、
どんなオンラインサロンが有用性と可能性が高く、
優れているのか?またはどんなものを選ぶべきか?
という回答を求めてくるかと思います。

結論から言うと「そんなの知らない」です。(^^)

「は?」って思うかもしれませんが、これは当然で(笑)
ここで「このようなサロンです!」って言うバカがいれば、
それはその人の偏りだけで物事語っているだけですからね(^^

たとえばあなたとAさんという二人の人間がいて、
あなたとAさんが全く同じ物事や必要としている事は、
まったく同じと言えるでしょうか?

それはまったく違いますよね?

ある程度同じジャンルにいる二人だとしても
3~6種類程度の選択の種類はあると思います。

例えばスマートフォンの回線キャリアなどがいい例ですね。
同じスマホを所持したいと考えていても
まったく同じキャリアと同じ機種とプランと
アプリケーションを使うのか?言われたらそうでもないですよね?

 

この記事のタイトルにオワコンなのか?と書きましたが、
ただのサークルだけでは意味がなくなっていきますし、
常に創意工夫を繰り返して日進月歩していく必要があると思います。

 

そのプラットフォーム自体の作りが異常に使いやすかったり、
コンテンツ自体がそもそも面白いジャンルだったり、
流行っているジャンルを常に引き入れてるジャンルだったり、
作り自体が異常なほどデザインセンスに溢れていたり、
運営側、運営者がかなり影響力がある人だったり、
ある程度割合で利用側に派生する利益が大きかったり、
そういったオンラインサロンの形を変換できるところは、
今後も面白い動きをしていくと考えます。

僕自身もオンラインサロンというよりは、
オンラインスクールキャンパスという新しい定義で、
ZEROBizというオンラインビジネスでの、
ITフリーランス、経営者、副業、ディレクター、起業家向けに
そんなプラットフォームを運営しています。

まだまだコンテンツやプロダクトは、
まだまだ構築途中なので現在のサブスクリプションの
月額費用は最低価格を提示させて頂いてますが、
コンテンツが今後充実していきは値上げはしてきます。

 

もちろん今現在の最低価格から参加される方は、
後からコンテンツが充実してから利用される方の方が
情報充実度に差が生まれてしまうため、
永久的にその必要での利用が可能にしています。

こちらに案内と申し込みページのリンクを載せておくので
ぜひ興味がある方や切磋琢磨されている方は参加くださいね。

 

■ZEROBiz案内ページ

⇒ https://www.arioseconsulting.net/bizhall

月額プラットフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。