コンテンツ販売とは?実際の現状と初心者でも稼げるのか?

Sponsored Link


ご訪問ありがとうございます。
いきなりですが貴方はコンテンツ販売について
どこまで理解と認識があるでしょうか?

今回そのものの理解と実際の現状、
そして初心者の方でもコンテンツ販売で稼げるのか?について
10年以上インターネット系ビジネスや投資などを生業としてる
私が分かりやすく解説していきます。

 

◆コンテンツ販売のそもそもの性質

どうもArioseConsultingの菊田です。

 

まずはコンテンツ販売についてですが、
コンテンツはそのまま情報という意味で、
その情報を販売するビジネスモデルのことを
情報販売と言います。

◆コンテンツ販売と情報商材の違いとは?

世間的な認識で言えばコンテンツ販売と聞いて
それが情報販売だと言われれば『情報商材』では?
と思われるかもしれません。

ではその「商材」という言葉の意味をご存知でしょうか?

商材というのは、売り手業者側からの販売商品の事
逆に顧客側からは「商品」と呼ぶだけの意味です。

なので商品を購入して利用する方からすれば
情報商品であり、その情報を販売するビジネスモデルを
コンテンツ販売と呼びます。

つまりその商品・商材の性質が情報である以上
それを販売する商売はコンテンツ販売というくくりになる!
という理解と認識をしてただければと思います。

 

例えばあなたが音楽や映画、本などの
音源・映像・テキスト情報を購入する事ありますよね?

それもコンテンツ販売であり、情報商材です。

 

◆コンテンツ販売と実際の現状

では実際の現状について話を進めていきますね。

まずはこの情報販売などのマーケット市場は、
大きく分けて3つに分類されます。

 

1.コンテンツビジネス

2.メディアビジネス

3.デバイスビジネス

この3つです。

 

コンテンツビジネスは先ほど話をしたとおり
情報を販売する市場です。

音楽であったりデザインであったり、
技術、ノウハウなどの情報に謝りが無い限り、
無限在庫の返品が利かない商品を販売する市場です。

この市場は国内だけでは22兆円規模の市場なので
基本的に儲かりやすい市場といえます。

メディアビジネスは、情報や人を集めるための
プラットフォーム(場所や空間)を運営して利益を得るビジネスです。

ニュースサイトや検索エンジン、SNSや
ポータルサイトなどがいい例ですね。

個人でも取り組みやすいメディアビジネスの例では、
アフィリエイトやユーチューバーやティックカーなどの
インフルエンサー系の方や芸能人などのが事例ですね。

人口2000人ほどの田舎のお祭りに
有名芸能人をゲストで読んだ際は、1日でその人口の数倍にあたる
1万5,000人が集まったりします。

そこまで人が集まれはそこで商売する商品は売れますし、
かなり利益が生まれるのはごく当たり前ですね。
なのでメディアビジネスは広告ビジネスとも呼ばれます。

 

デバイスビジネスについては、
今あなたがこの記事を読んでいる機器(デバイス)だとか、
その市場の流通を最適化するためのシステムを開発運営するビジネスです。

現状でこのデバイスビジネスの大革新と言われるのが、
スマートフォンだったりしますね。

わざわざ情報コンテンツを様々なデバイスに型を分けて
販売する必要がなくなって情報は情報のまま閲覧や利用が可能になりました。

なので音楽や本、映画なんかは
今やネットフリックスなどのビデオサービスなどの
アプリケーションをインストールすれば、
自由に引き出せるようになっています。

それによってキャッシング市場においても
クレジットだけでなく電子マネー決済や暗号通貨などの
キャッシュレス時代においての決済システムの市場も
どんどん発展して荷物を多く持つ必要がなくってきました。

ちなみに私はIT系起業家ではありますが、
田舎暮らしが好きなので田舎に帰郷して暮らしてますので
現金は小銭入れに少し入れて生活してるヤツです(^^;

 

◆初心者でもコンテンツ販売で稼げるのか?

では初心者の方でもコンテンツ販売で稼ぐことは可能か?
という内容に進んでいきますね。

私もこれまで3000人以上からの相談、
自社で運営しているネット起業スクールの生徒さん、
コンサルティングを行ったクライアント様からの
実例や実績から申し上げますと…

初心者だと自覚しているのであれば、
プロとしての自信と自覚が持てるように
はじめはしっかりと学習と実績を作る事からだと断言します。

 

もともと専門職をしていて高い技能を持っていたとしても
それを自分だけの信用と販売技能でやっていくには
マーケティングスキルとライティングスキルは必須になります。

せっかくの高い技術も素敵な商品をつくれるとしても
それを知らない人に届ける技術や売れるマーケットを探しだす
知識も知恵も持っていないと十分に売れないからです。

よく素人さんがどこかのマーケットに商品を出品しても
売れないから安すぎる価格で販売していたら価格崩壊がおきて
仮に売れても儲けがでない場合だって出てきます。

かと言って素人なので適性な利益が出る価格で売ろうとしても
その価格では売れなかったり、売れてもクレームがでて
信用を失って撤退するような場合も出てきます。

逆に言えば、売るものがなくても売るための
マーケティングスキルとライティングスキルがあれば、
他人の商品で素晴らしいものがあればかなり儲かります。

その例でいえば個人で始めやすくて
全てのスキルが身についくアフィリエイトなんかは
個人的に超おススメです。

アフィリエイトで十分に稼げるようになれば
どれをやっても大概儲ける事が出来るので
お金に困る事も業種に困る事もありません。

私もネットビジネス初心者の時には
転売とアフィリエイトから始めましたが、
転売では商品リサーチ以外にスキルが身につきませんでした。

アフィリエイトで稼げるようになってからは、
コンサルもメディア代行も企業のマーケティングも
プロモーションプロデュース系も成果報酬でエグいくらい稼げました。

 

◆知識、知恵への学びと活用

 

今はネット上にはいろいろな情報を簡単に引き出せます。

ただ引き出す情報を選ぶのはあなた本人なので
その情報を引き出すあなたが初心者・素人では、

どの情報を引き出すべきなのかも、どれが正しいのかも、
どれがあなたの目的に適しているのかもわかるはずもないですよね?

 

なので私から言えるのは、
初心者だと自覚しているのであれば、
プロとしての自信と自覚が持てるように
はじめはしっかりと学習と実績を作る事からだと断言します。

以上-菊田でした。

友達追加で無料プレゼント中!

月額プラットフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

EXECUTIVE GROUP Representative& ArioseConsulting., LTD CEO  Date of birth ┃1985/01/04 A型■経歴■1985年生まれ高知県出身┃ 高知県立宿毛工業高校卒業後、シンガーソングライターを目指し ボーカルレッスンとサウンドコンポーザーの技術を学ぶため専門学校のある大阪へ。在学中に自作の楽曲をインディーズなどで販売しながらも大成はせずアルバイト生活が続く。 年末に数日間の帰郷の際、友人達の集まりで生活の苦悩を聞いている内に そんな自分を慕ってくれる人へ何かしてあげたい!してあげれる人間になりたい!そう考えるようになり、その後専門学校を中退して契約、アルバイト、正社員問わずいろいろな職種に勤めるようになっていく。 IT関連・水の販売営業職、家具・電化製品販売員、ホテルマン、工場作業員、事務管理スタッフ、イベントスタッフ、ホールマネージャー、飲食店店長、スカウト、新店舗飲料オペレーター、バーテンダーなど 24歳頃手持ち6万円しかない頃に融資を受け小さなBARを大阪にオープンし独立。 それまでに出会った人脈(仕事仲間・オーナー・顧客)を助力を得ながら わずか数年で飲食意外にもサービス店などの11店舗以上を管理課に収める グループ会社に成長させる。 そんな中あらたに新規事業の話をとある知人から聞かされ話を聞いてみる事にしかし、その内容がかなりの不当たりだったと後で知る事となる。 それを会社の資本から捻出しようとするのは簡単だったが、 まだまだ成長中の会社に負担かけまいと自分個人で負担を追うようにし、 追い込まれながらインターネット検索や本屋で打開策がないかを探しづづける。 どんな中で見つけたのが『インターネットビジネス』だった。 それが2013年になった頃のスタート!そこから本屋とネット検索など使って独学で取り組んでいたが大した成果は得られなかった。 そんな中あるメンターと知り合い当時その方が運営していたネット起業サロンに入る。 それから1カ月後には月収で100万円以上を達成する! 当時グループ会社の社長として役員報酬よりをあっさり超えてしまった頃に感激し、それからも黙々と学んだことを実践!実践!実践!半年後には月2800万円をネットのみで稼ぐようになる。 当時の友人達の生活の苦悩話から経営者だけでなく起業家として きっかけや可能を『形』に出来るモデルとしてコンサルティング会社を 出身地の高知県西部へ拠点を移し立ち上げる。 現在は創業したグループ会社は企業間契約の形式をとりながら WEBマーケティング事業、デジタルコンテンツ販売、WEB広告事業、投資業、ネット起業サロン運営、メディア制作代行事業、特産品流通業などのコンサルティング事業など、 個人店舗や中小企業のWebマーケティングコンサルティングをおこない、 ネットでの個人メディアでは、全くのゼロから個人でも、どこに住んでいても、インターネットビジネスを活用すれば人生を大きく変えられること表現している。