動画の撮影時 自撮り&他者 パワーの違いについて

これからYouTubeなどの動画メディアで
ブランディングやらプロモ、他には
店舗や会社などの商品やサービス案内。

それぞれの目的イメージに応じて
スキルを得るか、やってもらうか、
選択をしていく事と思われます。

今回は、その動画を自分で撮影する場合の
パワーの事について話をしていこうと思います。

何故この話をするのかというと、
これから自分で撮影をして動画メディアを
フルに活用していこうと始めた際、
かなりのパワーを使うと思います。

カメラ撮影

 

僕も自分がメインのYouTubeチャンネル以外に
6チャンネル運営しています。

そこで一番撮影する際にパワーを使うのが
カメラを備えてつけで自分を撮影する動画です(^^)

それはなぜか?

それは話をしているいる相手をイメージしながら
話や演出をしていくからです。

一度でも撮影した事がある人なら
理解出来ると思います。(^^)

これがカメラマンがいてくれる場合のロケなどは、
話かける相手が目の前にいるのでイメージに
パワーをあまり使う必要がないんです。

相手がいない状態で会話をするのは
イメージ力が必要になってきます。

逆に言えば、
この1人で100本ほど撮影できると
イメージ力が半端なく向上しています。

だからYouTuberて本当すごいと思います。

これを読んでいるあなたが何度か自分を
撮影した事がある人だったとして
最初100本とか目標にしていたのに
途中で疲れて挫折した方なら…

一番パワーを使う撮影手法をしたと
気づいて頂ければと思います。

そして対策方法としては、
誰かと一緒にやるのが一番早いです。

それでも1人でやりたいという方は、
パワーを多く使う事を理解してしっかりと
ご飯を食べたり、ためどり撮りするがベストですね。

あくまでも僕の意見ですが、
皆さんはいかがだったでしょうか?

菊田より

■菊田慎也│公式メールマガジン
【ビジネス動画講座+7つの月収100万ManualPresent】
→ http://www.arioseconsulting.com/#!lp/ckhc

ネットビジネスで稼ぐ!期間限定プレゼントや限定コンテンツを配信!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。